感想「綿畑の小屋」

「綿畑の小屋」 ジム・トンプスン 文遊社 比較的初期の作品で、原著は1952年の刊行。 オクラホラの田舎町の貧農の息子が、不条理な状況に翻弄される話。 殺人事件などは起きるけれど、ミステリ的な興味よりは、青春小説的な要素が強い。不条理さはトンプソンの小説ではお馴染みのものだけれど、主人公の青年の若々しさが、いつもとは違う雰囲気をもたらしているように思える。絶望的な暗さの向こうには、ぼんやりとした希...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「砂漠の空から冷凍チキン」

「砂漠の空から冷凍チキン」 デレク・B・ミラー 集英社文庫 原著刊行2016年、訳書刊行は今年8月の小説。 ちょっとふざけた感じのタイトルと、最初の数ページをぱらぱら読んで、軽い雰囲気のサスペンスを想像して読んでみたが違った。 著者は軽妙なタッチを意識して書いてはいるけれど、背景にあるのはシリアやイラクの悲惨な状況だし、少し前の時期の話とはいっても、この状態は現在も続いている(というか、当時よりさ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「泥棒はスプーンを集める」

「泥棒はスプーンを集める」 ローレンス・ブロック 集英社文庫 10年ぶりのバーニイ・ロウデンバーものの翻訳で、これが最終作なんだとか。原著は2013年刊行で、こちらの刊行自体が、前作から10年近い間隔が空いていた。 久しぶりの作品だけれど、ブランクを感じさせない、以前のままのたのしさ。もちろん、こっちも久々に読んだから、以前とは細かい所が変わっていても気付かなのいかもしれないけれど、たのしめている...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想「犯罪コーポレーションの冒険」

「犯罪コーポレーションの冒険」 エラリー・クイーン 論創社 エラリー・クイーンのラジオドラマ集。論創社から出るのは3冊目。ただし今回は、アメリカで刊行されたラジオドラマ集の翻訳だった過去2冊と異なり、日本でオリジナル編集されたもの。 収録作の大半は、過去になんらかの形で読んだことのあるものだったが、ラジオドラマとしては、いつも以上に楽しめた気がする。編者が、出来の良い作品を選んだ、と言っているだけ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER」

公開初日に見に行った仮面ライダー映画。 エグゼイドはあまりにもピンと来なくてほとんど見ずじまいで、その流れでビルドも見てなかったから、仮面ライダーとは、しばらく疎遠にしていた(もっとも、去年のビルド&エグゼイドの映画版は、旧作のライダーたちが大々的に出るというので、観に行ったけど)。でも、今のジオウは平成仮面ライダー20周年記念作で、旧作の登場人物がいろいろ出てくるのに興味を引かれて、少し見ている...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボヘミアン・ラプソディ」

公開初日に見に行った、クイーンのフレディ・マーキュリーが、クイーンの前身バンドに参加してから亡くなるまでを描いた映画。 ドキュメンタリーじゃなく、あくまでも劇映画としての作りだけど、現存する人物が多数登場する内容ということもあり、ほぼ事実をベースにして作られているらしい。そこまでクイーンの熱心なファンだったことはないので、よくわからないが。 当然、クイーンの曲が全篇に流れる。クイーンの新曲が普通に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ入替戦 日野対近鉄

2018.12.23(日) 13時 熊谷ラグビー場  日野レッドドルフィンズ 21(18−3)11 近鉄ライナーズ               (3−8)  トップリーグ入替戦。トップリーグ16位の日野とトップチャレンジ3位の近鉄だから、日野が勝って順当という所だけど、双方の過去のキャリアを考えると、そう単純でもないような気もしてくる対戦だった。 実際に序盤は、双方にそれほど差がないように思えた。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権決勝 法政大対駒澤大

2018.12.22(土) 13時 浦和駒場スタジアム 観客 6012人 主審 大坪博和 副審 赤阪修、塚田智宏  法政大学 1(0−0)0 駒澤大学        (1-0)  得点 72分 法政・ディサロ 燦 シルヴァーノ 時折、雨がぱらつく中での試合。ただし、本降りになることはなかったし、寒くもなかった。 駒澤は攻撃の選手が、準決勝ほど自由にはやらせてもらえてなかったように見えた。それでも序...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全日本大学サッカー選手権準決勝 駒澤大対大阪体育大

2018.12.19(水) 13時 NACK5スタジアム大宮 観客 322人 主審 清水勇人 副審 浅田武士、水野智也  駒澤大学 2(1−1)1 大阪体育大学        (1-0)  得点 3分 駒澤・安藤     29分 大阪体育・林尚輝     58分 駒澤・大塲(PK) 久々に大学サッカーを見に行った。 立ち上がり、駒大10番(中原)が蹴ったCKがクリアされのが、ペナルティ外で拾われて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ総合順位決定トーナメント3回戦 パナソニック対NTTコム

2018.12.15(土) 14時 ニッパツ三ッ沢球技場  パナソニックワイルドナイツ 41(10−22)43 NTTコミュニケーションズ                 (31−21)  シャイニングアークス トップリーグ順位決定戦で、勝てば5位、負ければ6位。 パナがこの位置にいることで、今年のトップリーグの力関係の変化を感じるわけだけど、試合が始まってみると、パナソニックは立ち上がりこそ厚い...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トップリーグ総合順位決定トーナメント3回戦 リコー対クボタ