« 感想「南京事件」 | トップページ | 感想「異端審問」 »

グルメ探偵ネロウルフ(第6回)

第6回は最終回で、「我が屍を乗り越えよ」
ウルフの娘が出現する話で、話題的にも、絵的にも作りやすいので選ばれたエピソードと思う。これも原作を読んだのは随分前なので、ほとんど忘れているけど、1940年の作品で、国際情勢や思想的なものへのスタウトの関心が影響している分、中途半端にスパイ物めいた重苦しさがあって、小説の面白さとしては今一つだった覚えがある。映像化も、その辺のごちゃごちゃした所をやや引きずっているものの、原作に較べて圧縮されている分、本筋から外れた部分が削れているから、単純なミステリ・ドラマとして楽しみやすくはなっていた。
原作は翻訳で読んでいるので、その影響もありそうだから、一概には言えないけれど、エンディングのウルフのうろたえぶりは、ドラマでは極端に誇張されていて、そういうドタバタ的な楽しさもドラマの方が上かな。プロットはやや追いにくいけど、それは原作も一緒だと思われる。元々、そこまで丁寧に考えて書かれてないはずだから。

|

« 感想「南京事件」 | トップページ | 感想「異端審問」 »

「テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57799

この記事へのトラックバック一覧です: グルメ探偵ネロウルフ(第6回):

« 感想「南京事件」 | トップページ | 感想「異端審問」 »