« 感想「The Second Confession」 | トップページ | 全日本女子サッカー選手権準決勝 »

全日本女子サッカー選手権準決勝

2004.1.24(土) 11時30分 西が丘 曇
観客 436人

  田崎ペルーレ 1(1-0)0 さいたまレイナス
           (0-0)

 得点 4分 田崎・新甫

 田崎 大西(GK)、白鳥、磯崎、佐野、
    山本、川上、柳田、土橋、新甫、
    大谷、鈴木
 さいたま 山郷(GK)、田代、笠嶋、西口、赤星、
    高橋、木原(82分仲)、安藤、片桐(76分山本)、
    岩倉、岸

早い時間帯に、田崎がCKから先制。その後も、主導権はずっと田崎が握っていたけれど、レイナスは、例によって、山郷がゴール前に立ちはだかり、チーム全体としても、大きく崩されたり、極端に押し込まれることもなく、追加点を許さなかった。ただ、個人のスキルの総量では、やっぱり田崎が上だし、レイナスはしのぐのが精一杯で、やりたいサッカーをやる所までは行けてなかったと思う。後半に入ると、段々押し込まれ、結構きわどいシュートも打たれていた。それでも、ポストに救われる幸運な場面もあったにせよ、0-1で持ちこたえたのは、レイナスの健闘と言えるんじゃないか。

田崎は、日頃の印象にくらべると、攻撃の手数が少なかった感じ。川上の上がりがあんまりなかったし、両サイドのえぐりもそれほど目立たなかった。レイナスの中盤が、ディフェンス面ではそこそこ機能してた影響もあるだろうけど、先制したので無理しなかったという所もあったのかも。明日は決勝なので、体力は温存しときたかっただろうしな。

点差は1-0でも、田崎が危なげなく勝った、という印象。レイナスは、あまり勝ち目はなかったと思う。

|

« 感想「The Second Confession」 | トップページ | 全日本女子サッカー選手権準決勝 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/131303

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本女子サッカー選手権準決勝:

« 感想「The Second Confession」 | トップページ | 全日本女子サッカー選手権準決勝 »