« 全日本女子サッカー選手権準決勝 | トップページ | 感想「アシッド・カジュアルズ」 »

全日本女子サッカー選手権決勝

2004.1.25(日) 13時 国立 晴
観客 1641人

  田崎ペルーレ 2(2-1)2 日テレ・ベレーザ
          (0-1)
          (0-0)
          (0-0)
          (5PK3)

 得点 31分 田崎・白鳥
    37分 日テレ・豊田
    44分 田崎・山本(FK直接)
    88分 日テレ・大野

 PK 田崎  山本○ 白鳥○ 鈴木○ 柳田○ 土橋○ 
    日テレ 大野○ 伊藤○ 小林× 近賀○ −−−

 田崎 大西(GK)、白鳥、磯崎、佐野、
    山本、川上、柳田、土橋、新甫、
    大谷(101分渡辺)、鈴木
 日テレ  小野寺(GK)、戸崎、須藤(20分中地)、四方、
    豊田、酒井、伊藤、小林、
    大野、近賀、山口(45分荒川)

立ち上がりから田崎が飛ばしていて、昨日のレイナス戦は、やっぱり流し気味だったのかなと思った。一方でベレーザは、田崎の勢いに押されたのか、昨日の疲れが残っていたのか、あまりにもミスが多くて、試合の序盤は田崎が圧倒的に優勢。攻めてる割に、バーにシュートが当るなど、なかなか得点出来ていなかったけど、30分過ぎにFKから白鳥が決めてとうとう先制。
ベレーザも、さすがにしたたかで、少ないチャンスをうまく得点機につなげ、37分にCKから豊田が決めて追い付いたけれど、前半ロスタイム、田崎の猛攻に耐え切れず、ファールでゴール正面からのFKを許し、山本が直接決めて、田崎リードで折り返し。

後半、田崎は序盤は元気だったけれど、バーに当る不運なシュートや、ベレーザ小野寺の好守に阻まれて追加点を上げられないでいるうちに、最初から飛ばした疲れが出たか、ペースダウン。後半半ばからは試合はベレーザのペースになってたと思う。なかなかスコアが動かなかったけれど、一瞬で点を入れちまいそうな迫力をベレーザに感じたので、最後までわかんねえな、と思っていたら、87分に大野のシュートが田崎のDFに当り、コースが変ってゴールへ。そのまま延長へ。

延長は、土壇場で追い付いた勢いのあるベレーザが優勢。田崎は、足が止まりかかってる感じだったが、よく持ちこたえ、延長後半の最後の方には、得点機もつかみかける所まで盛り返したけど、得点まで至らず、遂にPK戦。
田崎はシュートを枠に何本か当ててたし、ベレーザは小野寺が当ってたから、PK戦はベレーザ優位かと思ったが、小林が枠に当てて、ベレーザは万事休す。田崎の2連覇となった。

全体的には田崎が優勢だった試合だと思うので、結果は順当だったと思う。Lリーグ優勝と合わせての2冠制覇だし、今の田崎には本当に強さを感じる。ベレーザは、立て直しが必要な状態になりつつあるような気がするんだけど、それが出来る環境にあるのかどうか。そういう環境があるくらいなら、そもそもそういう状態になってないような気もするし。もっといい環境でやらせてやれないもんかなと思う。川淵も、体裁のいいことを言ってるだけじゃなく、もっと何とかしろよ、という感じ。(これからやろうとしてるのかも知れないが)

|

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 | トップページ | 感想「アシッド・カジュアルズ」 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/135750

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本女子サッカー選手権決勝:

« 全日本女子サッカー選手権準決勝 | トップページ | 感想「アシッド・カジュアルズ」 »