« 感想「子午線」 | トップページ | 2004年グランパス日程 »

感想「塵クジラの海」

「塵クジラの海」 ブルース・スターリング ハヤカワ文庫
1977年刊行のスターリングのデビュー作。
“サイエンスファンタシー”だそうだけど、“サイエンスフィクション”であるらしい「スキズマトリックス」(1985年)あたりとの違いは、背景の厚みの差くらいか。もってまわった言い廻しとか、登場人物の異形ぶりとか、主人公のどっちつかずな性格とか、作品の印象はかなり似通っている。
舞台になっている世界のイメージを把握するまでは、相変わらずのややこしい文章に、多少苛々させられたものの、薄い分、スターリングにしては、読みやすかった。ただ、閉所恐怖症に陥りそうな世界像は悪夢的で、爽快感とは無縁。この辺もスターリングぽいか。
著者自身が序文で書いてるのを読んだからかも知れないが、作家の卵がチャンスを物にするべく、持てる知識やテクニックを洗いざらい繰り出して、思い切り背伸びして、デビュー長編に挑んでいるさまが見えるようだった。その辺は、ほほえましく感じた。

|

« 感想「子午線」 | トップページ | 2004年グランパス日程 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/151079

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「塵クジラの海」:

« 感想「子午線」 | トップページ | 2004年グランパス日程 »