« 天国の銃弾 | トップページ | キル・ビル »

修禅寺物語

「修禅寺物語」 岡本綺堂 旺文社文庫
戯曲5篇を収録した作品集。歌舞伎で上演されるような戯曲なので、それほど複雑な筋立てがあるわけでもないのだけれど、どの作品も一筋縄で行かない深みを感じさせる。「半七捕物帳」が、決して単純素朴な江戸の捕物帳ではなくて、人間の業のようなものを、よく描き出していたのと似た印象。
中では、やはり表題作が記憶に残るかな。ちょっと、芥川龍之介の「地獄変」ぽかったりもする。以前、修善寺に行った時、頼家や範頼の墓を見に行ったけど、あの時の風景が思い出されたりもした。でも、「佐々木高綱」や「俳諧師」の、劇的でない妙にさらりとした終り方に、より味わいがあるようにも思える。

|

« 天国の銃弾 | トップページ | キル・ビル »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/84257

この記事へのトラックバック一覧です: 修禅寺物語:

« 天国の銃弾 | トップページ | キル・ビル »