« 感想「モンティ・パイソン・スピークス!」 | トップページ | 「ピチブー」は「狂犬」か? »

感想「ネロ・ウルフ対FBI」

「ネロ・ウルフ対FBI」 レックス・スタウト 光文社文庫
ここで書いたけど、結局再読した。
やはりFBIをイビる趣向が、この小説のメインテーマであることは疑いないし、それを除けば、プロットにしてもファミリーの活躍にしても、それほど見所のある作品ではないと思う。元々そう思っていたけど、それを再認識した。何より、事件を探っていたら、ぐるっと元の所へ戻って来て、それは偶然だったというんだから、ちょっといただけないやね。趣向の面白さはあるとしても、それはあくまでも異色作としての面白さだろう。
依頼者、クレイマー(警察)、FBI、ウルフたち自身のそれぞれが納得し、さらに読者も納得出来る結末へ持って行くのは、それなりに難度が高い構成だったろうとは思うけれど。
ところで、去年10月に放映されたTV版がどんな感じだったが、さっぱり忘れちまっていた。割と原作に忠実な作りだなと思っていて、読み返すとその辺を再確認出来るかとも思っていたんだけど。ただ、ウルフとアーチーの入れ替りの場面は、やはり映像向きだね。

|

« 感想「モンティ・パイソン・スピークス!」 | トップページ | 「ピチブー」は「狂犬」か? »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/237496

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ネロ・ウルフ対FBI」:

« 感想「モンティ・パイソン・スピークス!」 | トップページ | 「ピチブー」は「狂犬」か? »