« ニコラス・ブリンコウ作品リスト | トップページ | FMながおか »

感想「ロウソクのために一シリングを」

「ロウソクのために一シリングを」 ジョセフィン・テイ ハヤカワポケミス
古本屋で安く売ってたので、買ってしまった。「時の娘」はかなり気に入った記憶があるけど、読んだのは20年前くらい? 細かい中身は、もう忘れてる。
そんなに古風な感じはしないが(1936年刊)、エリカが素人捜査でコートを見つけてしまったりとか、いかにものどかで絵空事風。黄金時代のイギリス本格ミステリだな。もちろん、それが悪いということではなく、登場人物にくさみがなく、自然な感じで描かれている所が、のどかさとうまく噛み合って、楽しく読めた。
もっとも、プロットに関しては、冒頭の奇妙な青年のキャラクターが小説の半ばでほとんど消えてしまって、終盤はまるっきり別の話になっているあたりは、構成の破綻だと思う。解決がいかにも取ってつけたように見えるのは、そのせいじゃないかな。解決のアイディアを先に考えて、後から青年の挿話をはめ込んで行ったのかな、という気がする。

|

« ニコラス・ブリンコウ作品リスト | トップページ | FMながおか »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/200293

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ロウソクのために一シリングを」:

« ニコラス・ブリンコウ作品リスト | トップページ | FMながおか »