« 「ピチブー」は「狂犬」か? | トップページ | 明治通り(池袋ー新宿) »

ディック・ブルーナ展

お付き合いで板橋区立美術館へ。ミッフィーなど、ブルーナの作品の展覧会。
ミッフィーの絵そのものは見慣れているし、何年か前に新宿三越?であった展覧会も行ったから、それほど目新しいものではないけど、ブラックベアというオランダのペーパーバック・シリーズのカバーを、ブルーナがデザインしていたということで、それの展示が充実していたのには興味を引かれた。三越の展覧会でも展示はあったと、同行者は言っていたけど、ここまで大規模なものではなかった気がする。ハヤカワ・ポケミスみたいな叢書のようで、かなりさまざまなミステリの表紙が展示されていた。特にシムノンが目立ったけど、ブルーナとイメージがかけ離れているレスリー・チャーテリスやピーター・チェイニーなんかも多数あったのが、面白かった。
併設のカフェでは、素人の手作りみたいなミッフィー・パンを売っていたけど、700円たあ驚いた。ライセンス料が高いんだろうか。
bruna.JPG 美術館は外壁までいじってた。

美術館を出た後、上赤塚の駅まで歩いた。途中、東京大仏という、怪しいものも見物出来た。

|

« 「ピチブー」は「狂犬」か? | トップページ | 明治通り(池袋ー新宿) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/243448

この記事へのトラックバック一覧です: ディック・ブルーナ展:

« 「ピチブー」は「狂犬」か? | トップページ | 明治通り(池袋ー新宿) »