« 大映特撮予告篇大全集 | トップページ | 感想「職業欄はエスパー」 »

感想「二度のお別れ」

「二度のお別れ」 黒川博行 文春文庫
国産ミステリの新刊を、割と熱心に追い掛けていた時期があって、当時、印象が強かった作家の一人が黒川博行だった。その後、読まなくなっていたが、最近、創元推理文庫が初期の作品を発掘し始めたので、読んでみることにした。もっとも、今回読んだのは、古本屋で見つけた文春文庫版。1984年に初版が刊行されたデビュー作。
決して手を抜いたプロットではないが、著者自身があとがきで書いているように、真相はかなり容易に見当がついてしまった 。デビュー作らしい、素人っぽさのあらわれか。とはいえ、不自然な描写をしてまで無理に隠そうとせず、小説としての自然さを優先しているあたりは、好感を持って読めたし、結末に至って鼻白むこともなかった。こうした潔さも作風のうちかも知れない。薄くて手軽なことでもあり、達者な文章と語りくちの愉しさだけでも、充分読む値打ちはあったと思う。

|

« 大映特撮予告篇大全集 | トップページ | 感想「職業欄はエスパー」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/170254

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「二度のお別れ」:

« 大映特撮予告篇大全集 | トップページ | 感想「職業欄はエスパー」 »