« 刑事コロンボ 完全事件ファイル | トップページ | Mac OS 9 »

感想「地球を測った男たち」

「地球を測った男たち」 フロランス・トリストラム リブロポート 
子午線」を読んだ時に、イメージと違ったのは、どうもこの本の書評と混同したせいかも知れない。翻訳も比較的近い時期(1983年)に出ていたので、印象が混じり合ってしまったみたい。
何しろどちらも子午線を測る話で、アカデミーの命を受けたフランス人が取り組むというのも同じ。こちらの方が50年ほど時代が前で、測った場所もエクアドル(当時はペルー)、アンデスの山の中。「子午線」は、フランス革命の最中とはいえ、フランスとスペインだったから、作業の難度としてはこちらの方がはるかに上で、「子午線」よりもずっと冒険ものらしい。史実に沿って書かれて、あまり作為的な演出はないように見えるにもかかわらず。
また、「子午線」の調査隊が、フランス革命の理想主義を背負っていたのに対し、こちらは学術的な関心と個人的な名誉心が動機となっているから、行動にも、より人間臭さが感じられ、そこいらも冒険小説風な趣を感じる一因と思う。中ではジュシューの、気紛れでいながら、結果的には自己犠牲的になってしまった生き方に興味を引かれた。
18世紀初頭の南米の社会が描かれているのも、他ではあまり見ない気がする。混沌としたイメージは、今とあまり変らないけど、それは偏見だろうか。
それにしても、フランス人は、こんなことばかりやっていたのかね。

|

« 刑事コロンボ 完全事件ファイル | トップページ | Mac OS 9 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/187643

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「地球を測った男たち」:

« 刑事コロンボ 完全事件ファイル | トップページ | Mac OS 9 »