« 大宮は雪 | トップページ | オープン戦ヤクルト対中日 »

J2リーグ第2節大宮対札幌

2004.3.20(土) 14時 埼玉スタジアム 雪のち雨
観客 8009人 主審 山西博文 副審 中井恒、竹内元人

  大宮アルディージャ 0(0-0)0 コンサドーレ札幌
             (0-0)

 大宮 安藤智(GK)、奥野、若松(81分木谷)、トニーニョ、
    冨田、喜名、安藤正(86分久永)、斉藤、金澤、
    ダニエル(45分高橋)、バレー
 札幌 阿部(GK)、曽田、西澤、吉瀬、
    岡田、鈴木、田畑、三原、砂川、
    新居、清野(89分堀井)

 警告 大宮 トニーニョ(1)、金澤(1)、木谷(1)
    札幌 砂川、三原

雪でピッチ全面が白くなった状態でキックオフ。ピッチ状態が悪い影響で、双方とも形を作れない前半。観ていてつまらない上に、とにかく寒くて、45分をひどく長く感じた。それでも全体的には、いくらかボールをうまく廻せていた大宮の方が優勢だった気がする。最後の方で、バレーと安藤正裕が惜しいシュートを放って、湧いた場面もあった。札幌は通らないロングボール攻撃ばっかりだった印象。ただ、大きい展開とそれを生かすためのスピードは感じられたので、あれが通り始めたらという怖さはあった。後半に、その片鱗は見えていたような気がする。
後半になると雪が止んでいて、ピッチ状態がいくらか改善されたためか、選手も慣れたのか、パスがつながるようになって、試合が様になり始めた。序盤、大宮ディフェンスにミスが出て、札幌が立続けに好機を得た後は、札幌がやや優勢だったと思うが、こちらも決め手は欠いた。中盤での攻防が主体で、ゴール前での決定機は双方あんまりなく、結局、スコアレスドロー。やはりコンディションの問題で、プレーに精度がなかったからだろう。
大宮の新加入選手は、結構、みんな良かったんじゃないかな。特に左サイドに入っていた喜名が目に付いた。名古屋に居た当時、そこそこ見てたはずなんだけど、もうかなり以前の話なので、ほとんど覚えてない。力強さと巧さが感じられたんで、ちょっと期待してる。正裕も(彼は新加入じゃなくて復帰だけど)、あんまりムラがなくて、良かった。
あと、安藤智安が、GKをピッチ外へ1本も蹴り出さなかったのはびっくり。川島が居なくなったんで、一所懸命練習したのかな(笑)。この調子でやってくれぇ。
もっとも、今日のコンディションでは、チームの状態を判断するのは難しい気がする。もう1-2試合観てみないと、なんとも言えないと思う。

アルディージャ日程はこちら

[追記]記録関係を追記修正。ところで、公式記録では気温は2.8℃。寒いわけだわ。

|

« 大宮は雪 | トップページ | オープン戦ヤクルト対中日 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/329787

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第2節大宮対札幌:

» J2・大宮−札幌 [劇団天野屋 Part3]
大宮アルディージャ 0−0 コンサドーレ札幌 雪でピッチが白い状態でのキックオ [続きを読む]

受信: 2004.03.21 01:55

« 大宮は雪 | トップページ | オープン戦ヤクルト対中日 »