« 「シーザーの埋葬」再刊 | トップページ | 感想「されど君は微笑む」 »

「乱歩R」

江戸川乱歩の小説をモチーフにしたドラマ・シリーズ。昨日が最終回。ちゃんと見た時間は、トータルで半分に満たないと思われるので、見てたというより眺めてたというべきだな。毎回豪華なゲスト俳優が出て来る華々しさは良かったし、乱歩の小説を、なまじ忠実に映像化しようとしないで、ダシにだけ使うというアイディアも、結構面白かったと思うんだけど、どうせなら、もっと映像に凝って欲しかった感じ。今時のドラマだからしょうがないけど、ビデオ画像なのも、いまひとつ雰囲気を欠いたと思う。
脚本も、大した出来じゃなかったけど、映像さえ凝っていれば、もうちょい見られたと思う。乱歩の小説自体、基本的にはプロットよりは雰囲気の方が印象に残るものなんだし。ただ、視聴率でも、かなり苦戦してたらしいけど、それはドラマの出来とは、あまり関係ないんじゃないかな。それなりに、独特な世界は作れていて、面白さはあったと思うんで。最初から怪しかった岸部一徳が、実は、とか言われても、全然衝撃はなかったけどね。

|

« 「シーザーの埋葬」再刊 | トップページ | 感想「されど君は微笑む」 »

「テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/304803

この記事へのトラックバック一覧です: 「乱歩R」:

« 「シーザーの埋葬」再刊 | トップページ | 感想「されど君は微笑む」 »