« サッカーの中継(続き) | トップページ | 作家作品リスト »

自主的な蹴り出しは不要

Jリーグは、今季から選手負傷時に、審判が止める前に、ピッチ外へ自主的にボールを蹴り出すのを止めさせるらしい。参照元はここ
ということは、相手にボールを返してやる、という風景も減るんだろうな。フェアプレーを感じさせる、いい風景だと思うんだけど、どうすべきか選手が判断に迷ったり、悪用される場面もあったりするから、公正さを維持するためには、そうするしかないんだろう。世知辛い気がするけど、世の流れと思う。不文律が廃されて、明文化規定に置き換わって行く。まあ、必要もなさそうに見える場面で、ホームチームのスタンドからアウェイチームに対して、「出せ!、出せ!」とかいう怒鳴り声が浴びせられる光景も、あんまり気分のいいものじゃないし。
もっとも、怒鳴る相手が主審に代るだけかも知れないけどね。そもそも、これは審判が、選手が危険かどうか、ちゃんと把握出来るのが前提と思う。大丈夫?、ってのがある一方、主審が必要以上に攻撃されるネタが、また一つ増えたことになんなきゃいいけど、という気もするな。

|

« サッカーの中継(続き) | トップページ | 作家作品リスト »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/268309

この記事へのトラックバック一覧です: 自主的な蹴り出しは不要:

« サッカーの中継(続き) | トップページ | 作家作品リスト »