« 東京新聞のエイプリルフール | トップページ | J2リーグ第4節大宮対鳥栖 »

感想「ラグビー 歓喜と失意のレッスン」

「ラグビー 歓喜と失意のレッスン」 日本ラグビー狂会(編・著) 双葉社
年に一度のラグビー狂会本。ラグビーについて語った文章8本。主に去年のW杯がテーマになっている。
ラグビーは時々見に行くけど、基本的には、野球もサッカーもやってない時に、代りに見に行くくらいだし、ルールや用語もそんなには分ってなかったりする。もちろん、競技として面白さを感じるから見に行っているわけだけど、精神主義が色濃く残ってるあたりが、そんなに好きではなかったりもする。
それなのに狂会本をずっと読み続けてるのは、多分、自分が好きなラグビーについて、とにかく書きたいことを書くという、書き手の気持ちを感じるからじゃないかな。書かれてる内容に対して、必ずしも共感してるわけではないし、よく判らんのもあったりするけど、面白く読めるし、読んだ後、じゃあ試合を見に行くかという気分になる。
この辺、グラビアと気取った文章だらけの近頃のスポーツ雑誌を読む気にならないのと、根は同じかも。もっとも、「Number」を熱心に読んでた頃は、そういうスタイルが洒落ているように見えていた訳で、単に飽きただけかも知れないんだけど。ただ、今は、あまりにも「Number」的なスタイルの出版が多過ぎるとは思う。

|

« 東京新聞のエイプリルフール | トップページ | J2リーグ第4節大宮対鳥栖 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/387918

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ラグビー 歓喜と失意のレッスン」:

« 東京新聞のエイプリルフール | トップページ | J2リーグ第4節大宮対鳥栖 »