« J2リーグ第5節甲府対大宮 | トップページ | 感想「Before I Die」 »

J1リーグ1stステージ第4節名古屋対柏

2004.4.11(日) 15時 豊田スタジアム 晴
15178人 主審 長田和久 副審 伊藤力喜雄、原田昌彦

  名古屋グランパスエイト 1(1-0)0 柏レイソル
               (0-0)

 得点 18分 名古屋・中村

 名古屋 楢崎(GK)、秋田、パナディッチ、角田、
    大野(75分岡山)、大森、中村(89分吉村)、
    滝澤、海本幸、マルケス、ウェズレイ
 柏  南(GK)、渡辺、永田、近藤、明神、
    ドゥドゥ(85分ゼ・ホベルト)、下平(73分茂原)、
    増田(45分谷澤)、リカルジーニョ、加藤、玉田

 警告 名古屋 秋田(1)、角田(3)、大森(3)、
       海本幸(1)
    柏 渡辺、谷澤、リカルジーニョ

今期初のホーム生観戦。久しぶりに、トヨスタのサイドスタンド2階で見た。
勝った割に、今ひとつ爽快感に欠けたなあという後味。1-0だったけど、もっと楽に勝てたんじゃ、という気がして。ゴールネットは他にも2回揺れたが(どっちもマルケス)、どっちもオフサイド。綺麗な形だったから、取り消しになって、余計もやもや。もっとも、得点機は多かったけど、本当に決定的なシュートはそんなになかった気がする。柏の執拗なマークに、2トップが苦しめられ、封じ込められないまでも、周囲との連携が断たれていた感じ。その辺のストレスももやもやの一部。とはいえ、2トップへのマーク集中の間隙を縫って、大野→直志のラインで得点したんだから、それはそれでいいのかも知れない。
先制後、押しながらも追加点がなく、点が取れそうで取れない時はえてして、とか思っていたので、ラスト10分くらいの柏の猛攻を凌ぎきれたのはほっとした。バー直撃のシュートなんかもあったし、まんまと嵌まるとこだったものな。
柏が、いまひとつ消極的だった気がする。名古屋の攻撃力を警戒して、ということだったのかな? スピードも、あまり感じなかったし。右サイドをかなり攻めて来てた印象があるけど、幸治郎、大森、秋田で、無難にかわせていた。直志も、かなり身体張ってた。脆弱な左サイドは、対面が明神で、サイドらしいプレーをほとんど見せなかったのに救われたと思う。なんで柏は本職の右サイドを使って来なかったのか…いないのか? 渡辺光輝は放出しちまったしな。
にしても、ディフェンスは不安定そのもので、よく無失点で押えられたと思うが、またも貰いまくった警告のおかげで、次節は角田と大森が出場停止。もっとも、代わりに入るのは、古賀と吉村かな。それなら、それほど代わり映えもしないか。そういう意味では、どんぐりの背比べとはいえ、層は厚くなってはいるなあ。

グランパス日程はこちら

|

« J2リーグ第5節甲府対大宮 | トップページ | 感想「Before I Die」 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/427370

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ1stステージ第4節名古屋対柏:

» マーク外す飛び込みで僕はさっと奪いさる [eefbeach]
名古屋v柏、名古屋が勝ちました。 本日、僕はBS-iで観戦。 試合は、絶妙なアシストをした大野選手が 古巣に雪辱をした格好です。 [続きを読む]

受信: 2004.04.12 04:38

« J2リーグ第5節甲府対大宮 | トップページ | 感想「Before I Die」 »