« J1リーグ1stステージ第3節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「突然、暴力で」 »

感想「一杯の珈琲から」

「一杯の珈琲から」 エーリヒ・ケストナー 創元推理文庫
古本屋で100円の棚で見つけて、何となく買ってしまった。
ドイツとオーストリアの国境を挟んで、お役所仕事で外貨を持ち出せない金持ちのドイツ人が、オーストリアで文無しで暮らすという、いかにも喜劇的なシチュエーションなのだけど、あまりドタバタしたコメディには発展して行かない。おっとりとした古風なロマンティック・コメディという趣き。ザルツブルグの音楽祭が舞台で、その風景が細かに描かれているのも、教養的で上品な感じ。
まあ、1938年刊行なので、古風なのは当たり前だけれど、この時期のこの地域が舞台になっているにしては、随分のどかという気がする。そこにある種の批判的な意図は、込められているのかも知れないな。もうひとつ、国境というものの滑稽さを笑っているようにも思える。

|

« J1リーグ1stステージ第3節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「突然、暴力で」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/401253

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「一杯の珈琲から」:

« J1リーグ1stステージ第3節鹿島対名古屋 | トップページ | 感想「突然、暴力で」 »