« J1リーグ1stステージ第5節広島対名古屋 | トップページ | 感想「求む、影武者」 »

感想「Trouble in Triplicate」

「Trouble in Triplicate」 レックス・スタウト Bantam Books
総括として。1949年刊行の中篇集で、以下の3篇が収録されている。

Before I Die 「死の前に」
Help, Wanted Male 「求む、影武者」
Instead of Evidence 「証拠のかわりに」

中篇集ということを意識して、ウルフものの中篇を読んでみたのは初めて(中篇集という形での邦訳は、今まで出ていない)。比較的近い時期の作品が集成されていることから、背景や登場人物に緩やかなつながりが感じられて、ちょっと面白みがあった。
もっとも、ウルフものは約40年間も書き継がれた割には、作風の大きな変化をしなかったから、時期にかかわりなくバラバラに読んでも、それほど違和感を感じないシリーズなので、大きな発見があった、というほどのことはなかったな。

|

« J1リーグ1stステージ第5節広島対名古屋 | トップページ | 感想「求む、影武者」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/441589

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「Trouble in Triplicate」:

« J1リーグ1stステージ第5節広島対名古屋 | トップページ | 感想「求む、影武者」 »