« 五井観光 | トップページ | J2リーグ第12節仙台対大宮 »

イースタンリーグ ヤクルト対湘南(5/15)

2004.5.15 13:00 市営浦和
Se 102000050 8
Sw 100040211x 9
[勝]平本[敗]谷口[H](Se)七野(佐藤秀)
スワローズ先発は佐藤秀樹。序盤制球に苦しみ、カウントを取りに行っては打たれていたが、3回を3失点の後、徐々に調子を上げ、4回から7回までは無安打ピッチング。内野陣がボロくて、失策の山を築いていたが(「E」のライトが付いただけでも4。あれはエラーじゃねえ?、みたいなのも入れたら、7-8個あったぞ)、めげない力投だった。ただし、故障明けの宮本が先発して、5回まで出てたが、彼だけはさすがに危なげない守備だった。
宮本は攻撃面でも貢献大。初回は湘南の捕手のパスボールに抜け目なく突っ込んで、同点の得点を上げたし、5回に打者一巡の猛攻で試合を引っくり返した時も、口火を切ったヒットは宮本。エラーしまくってたその他の内野陣も、攻撃で挽回はしていた。7回裏には佐藤秀樹自身が2点タイムリー2ベースで突き放し、試合は決まったと思ったんだけど。
ベースランニングで疲れたのか、8回表、いきなり無死満塁。そこで、代打小川をゲッツーに仕留めて、2死まで漕ぎ着け(その間に湘南は1点取った)、後を前田に託したがこれが大誤算。前田は4連打を食らって、あっという間に逆転されてしまった。
もっとも、湘南のリリーフも乱調。8回裏に1死2-3塁からピッチャー岡本の暴投で追い付き、9回裏にも1死満塁と攻めて、最後は大原がライト前へヒットでサヨナラ勝ち。勝ち投手は9回表を無難に押さえた平本。
エラーだの、走塁ミスだの、凡プレーが山盛りの、いかにも2軍らしい泥試合だったけど、とりあえず勝ったからいいやね。勝敗を求めて行ってるわけじゃないけど、こんな試合は勝ちでもしないと、やってられん(笑)。宮本の貫禄のプレーが見られたのは収穫だったかも知れないが。まあ、佐藤秀樹も、立上りの不安定さを除けば、合格点のピッチングだと思う。もっとも、立上りこそが肝腎てとこもあるからなあ。
それにしても、めぼしい選手が1軍へ行ってしまってるせいもあるだろうけど、内野守備のひどさは問題じゃないのかなあ。内野守備が、今のスワローズの生命線だからねえ。それを鍛えるのがファームといえば、そうなんだけど、久保田や畠山は、もうそういう段階ではないと思う。(畠山はいいプレーもあったけどね)

|

« 五井観光 | トップページ | J2リーグ第12節仙台対大宮 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/599223

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対湘南(5/15):

« 五井観光 | トップページ | J2リーグ第12節仙台対大宮 »