« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/4) | トップページ | 「犬は勘定に入れません」(続き) »

感想「妻という名の魔女たち」

「妻という名の魔女たち」 フリッツ・ライバー サンリオSF文庫
最近、創元で再刊されてたみたいだけど、これはサンリオ文庫が潰れた直後に買い漁った中の一冊で、ずっと放置していた。そういうのは、まだ何冊もある。
気鋭の大学教授が妻の呪術を馬鹿にして、自分を守っていたおまじないを全部捨ててしまったら、酷い目に遭い始める。所詮、男なんてのは、女に支えられて生きているのさ、みたいな、洒落のような小説。その割には、コメディのような軽い書き方ではないけど、訳(大瀧啓裕)が少し重々し過ぎるのかも知れない。ストーリーラインだけを再構成してみると、そんなに深刻な小説ではなさそうに思えるので。実際には、ホラー風味を加えた都会的な味わいのコメディ、という線なんじゃないんだろうか。あるいは、「奥様は魔女」をハードにしたみたいな感じ?
今、読む限りでは(原著刊行は1969年)、ネタ的にもテーマ的にも、それほど特別なことはなく、気楽に読める娯楽小説と思った。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/4) | トップページ | 「犬は勘定に入れません」(続き) »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/538691

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「妻という名の魔女たち」:

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/4) | トップページ | 「犬は勘定に入れません」(続き) »