« 感想「ボートの三人男」 | トップページ | セリーグ 横浜対ヤクルト(6/10) »

セリーグ 横浜対ヤクルト(6/9)

2004.6.9 18:00 横浜
S 05000000X 5
B 0000302   5 (8回表降雨コールド)
[H](B)古木(川島)、ウッズ(五十嵐亮)
9時過ぎにチャンネル廻してたら、TVKの中継で降雨中断しているのを見掛けたので、そのまま見ていた(そのうちTVKは終ってしまったので、JSPORTSへチェンジ)。2点リードで7回裏1死1塁、ピッチャーは五十嵐亮太、次打者はウッズ。中断明けに出合い頭で一発食らうパターンだな、と思ったから、このままコールドになれ、と思っていたのに、40分中断後、審判が強引に再開。で、思った通りの結果になって、同点。
8回表には、雨で調子の出ないデニーを攻めて、1死1-2塁にするが、そこで中断。そのままコールドで引き分け。横浜に同点にさせるためだけに、試合を再開したようなもんじゃねえか。納得いかねえ。
まあ、思った通りに打たれちまうリョータも不甲斐ないんだが。というか、まともに勝負させた古田のリードもどうかと思ったけど。あまりにももったいない引き分けだった。痛い。
あと、中断の直前に若松監督が、ジャッジに怒って審判を突き飛ばして、退場になってるそうで。雨と審判に泣かされた試合か。
[追記]この試合に関しては、スワローズはリーグに質問状を送付したとのこと(この記事)。何か実効があるとも思えないが、それくらいはやらなきゃだな。こっちも、次の日、勝ち試合を見るまで、けたくそ悪かったものな。もっとも、幕切れがアレだったんで、勝ってもいまいち気が晴れなかったが、それは人のせいにはできん(笑)。(6/11)

|

« 感想「ボートの三人男」 | トップページ | セリーグ 横浜対ヤクルト(6/10) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/741647

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 横浜対ヤクルト(6/9):

« 感想「ボートの三人男」 | トップページ | セリーグ 横浜対ヤクルト(6/10) »