« セリーグ 阪神対ヤクルト(6/2) | トップページ | 五十嵐亮太日本最速タイ158km »

「ボートの三人男」

さらにこっちの続き。
ようやく「ボートの三人男」を入手。在庫の中で見つけられず、掘り出すのを断念して、古本屋で探していて、ようやく見つけた。200円だったから、不毛な捜索活動を考えれば安いもの。
にしても、これは中公文庫で、現在も新刊で手に入るんだな。店頭に現物が並んでいる店も、あまり見なかったけど、皆無ではなかった。それほどメジャーな本でもないと思うのだけど、中公文庫の外国文学のラインナップてのは、つくづく奇妙だと思う。
これでようやく、少し肩の荷が下ろせるかも。このサイトへのアクセスを見ていると、読んだ感想を書いているわけでもないのに、「ボートの三人男」「犬は勘定に入れません」で検索して見に来ている件数が妙に多いので、申し訳なくて。とかいって、こういうのを書くと、さらに増えるのかも知れないけど(笑)。
それにしても、そんなに話題になってる本なのか?>「犬ー」

|

« セリーグ 阪神対ヤクルト(6/2) | トップページ | 五十嵐亮太日本最速タイ158km »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ボートの三人男」:

« セリーグ 阪神対ヤクルト(6/2) | トップページ | 五十嵐亮太日本最速タイ158km »