« 女子サッカー日本対ナイジェリア | トップページ | 朝顔の色(続き) »

セリーグ ヤクルト対中日(8/15)

2004.8.15 18:00 神宮
D 000000500 5 
S 00320012X 8 
[勝]河端 [S]五十嵐亮 [敗]岡本 [H](S)岩村(山井)、(D)井端(河端)
JSPORTSの中継をなんとなく見始めて、最後まで見てしまった。昨日、中継ぎとリョータの乱調で、6点リードを8-9回でひっくり返される、とんでもない負け方をしたので、どうなることかと思ったが、久々先発の石堂(いつのまにか1軍に上がってた)が、まずまずの投球を見せた。
中日の先発も経験の乏しい山井で、3回には岩村の先制2ランなどで3点先行、4回にも2点追加。その後も押してたがツメが甘く、追加点を取れずにいると、7回に石堂が打たれ始め、2失点。2死1-3塁で河端を送り込んだが、井端に3ランを打たれて追い付かれちまう。
でも、7回裏に中日3番手の岡本の暴投で再度勝ち越すと、8回表は弥太郎が無失点で切り抜け、8回には度会が2点タイムリーを放って突き放す。で、9回表にリョータ。
リョータは決していい出来じゃなかったが、稲葉の好返球と、三木の好捕で2つアウトを貰い、2死満塁まで攻め込まれたものの、最後は左飛に打ち取って、無失点で逃げ切った。
リョータも河端も連投だし、疲れてるんじゃ、と思う。インターバル1日で対巨人3連戦になるけど、かなり不安。打線はまずまず好調だけど、打ち勝つのは、なかなか厳しいと思うし、先発に頑張ってもらわないとなあ。投手不足の中での弥太郎の好投はいい材料ではあるけど。

|

« 女子サッカー日本対ナイジェリア | トップページ | 朝顔の色(続き) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1202753

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対中日(8/15):

« 女子サッカー日本対ナイジェリア | トップページ | 朝顔の色(続き) »