« J2リーグ第29節湘南対大宮 | トップページ | 野球体育博物館 »

感想「ボギー・マン」

「ボギー・マン」 ジョージ・プリンプトン 東京書籍
東京書籍の「シリーズ・ザ・スポーツノンフィクション」の一冊。この叢書は好きで、(古本屋で)目に付くと買っているけど、半分読めているかどうかくらいかな。
本書はアマチュア・ゴルファーのスポーツライターが、プロのツアーで行われるプロアマ戦に参加しての奮戦記。ただ、ツアーでの実際のプレーについて書かれた部分は、それほど多くなく、全体的にはゴルフを題材にしたユーモラスな珍談奇談集といった趣き。
自分では本物のゴルフはやらないが、ゴルフゲームやゴルフマンガなどで、そこそこ知識は持っているので、結構楽しめた。時代が古いから(原書は1968年刊行)人名にあまり馴染みがなく、ピンと来なかったりするあたりで、爆笑とまでは行かなかったが。
ゴルフをネタにしたユーモアものって、結構多いような気がする。基本的に一人でやるスポーツなので、書きやすいんだろうと思うが、本書を読むと、ゴルファーが自虐的な精神構造を持っているからかも知れない、という気もしてくる(笑)。

|

« J2リーグ第29節湘南対大宮 | トップページ | 野球体育博物館 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1253031

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ボギー・マン」:

« J2リーグ第29節湘南対大宮 | トップページ | 野球体育博物館 »