« スト決行 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/18) »

J1リーグ2ndステージ第5節東京V対名古屋

2004.9.18(土) 19時 味の素スタジアム 晴
観客 11283人 主審 家本政明 副審 中井恒、石川恭司

 東京ヴェルディ1969 3(1-0)1 名古屋グランパスエイト
             (2-1)

 得点 16分 東京・桜井
    50分 東京・小林慶
    69分 名古屋・岡山
    85分 東京・平本

 東京 高木(GK)、ウベダ、米山、戸川(74分ウーゴ)、
    山田、林、相馬、小林大(72分平本)、小林慶、
    平野、桜井(80分廣山)
 名古屋 楢崎(GK)、秋田(60分平林)、井川、古賀、
    吉村、中村(68分岡山)、中谷(64分角田)、
    海本幸、クライトン、ウェズレイ、マルケス

 警告 東京 平野、桜井、廣山
    名古屋 秋田(3)、中村(1)

秋田は次のセレッソ戦、出場停止。

バックスタンドで見ていた。
前半は、どうしようもない試合。前節の新潟での試合を思わせる膠着ぶり。ただ、ヴェルディは、やや引き気味とは思ったが、新潟ほどベタなマークをしてる気配はなく、結局、名古屋の中盤から前に動きがないのは、マークのせいではなく、自分らの問題だと思い知った次第。
セットプレーの機会はそこそこ多かったこともあって、決め手は欠くものの、微妙に押し気味なのかな、と思っていたが、15分過ぎのヴェルディのCKからいきなり失点。ちなみに、CKの原因になったのは、クライトンが中盤の底から出して行こうとしたパスがカットされたもので、ここまでの試合で時々あって気になっていた、引いた位置からのクライトンのミスが、とうとう失点につながってしまったか、という感じだった。
先制された後は、ヴェルディに主導権を握られた。とはいえ、先方も圧倒的な力を持っているわけではなく、特別な出来事は何も起きないまま、淡々と前半終了。
後半も流れは変らず、むしろヴェルディに積極性が増した感じで、その勢いから50分に右サイドで、平野、山田とつながれ、ゴール前が空いた所へ走り込んで来た小林慶行にパスを通され、決められて0-2。
さすがにネルシーニョは動き、矢継ぎ早に選手を入れ替え、攻撃的な布陣を作ると、特に3人目の岡山が入った所で流れが変りはじめ、直後、岡山から展開したボールを、マルケスが左サイドで持ち上がり、ゴール前へ入れて行くと、岡山が押し込み1-2。さらに勢いに乗って、ゴール前で決定機を作るが、今度はウェズレイが決め切れない。
もどかしい状態が続く中、85分、脆くなっていたバックラインでクリアミスから平本の独走を許し、楢崎との1対1を決められ万事休す。
相変わらず、ウェズレイの不振が目立った。こんな状態でも使い続けることに、意味があるのかどうか。点が取れない原因の大きな一部は、間違いなく彼の存在にあると思われるので。中盤の動けなさぶりは、また別問題だけど、たとえば、幸治郎は、体調が悪かったりするんだろうか。磐田戦あたりとの、動かなさっぷりの落差の激しさは、そういう理由でもないと、にわかには納得し難いものがある。
途中出場の岡山は流れを変えるいいプレーをしていたと思うけど、チームがそれに応える状態にない。結局、チームがウェズレイに頼り過ぎているんだろうな。それは昔の、おやじさん(ピクシー)頼みに、よく似ている気がする。

[追記9/19]記録補足

グランパス日程はこちら

|

« スト決行 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/18) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1468101

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第5節東京V対名古屋:

» 地獄のヴェルディ戦 [eefbeach]
一見そうは思えないけれど、これは地獄だ。 [続きを読む]

受信: 2004.09.19 14:56

« スト決行 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(9/18) »