« アクセスカウンターが死んでる? | トップページ | J2リーグ第36節仙台対大宮 »

J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対C大阪

2004.9.23(木) 15時 瑞穂陸上 晴
観客 11113人 主審 塩川拓司 副審 名木利幸、鳥越明弘

 名古屋グランパスエイト 5(2-2)2 セレッソ大阪
              (3-0)

 得点 3分 大阪・古橋
    30分 名古屋・マルケス(PK)
    33分 名古屋・マルケス
    34分 大阪・西澤
    47分 名古屋・クライトン
    64分 名古屋・マルケス
    66分 名古屋・ジョルジーニョ

 名古屋 楢崎(GK)、海本慶、井川、古賀、吉村、
    中村(71分岡山)、中谷、海本幸(81分角田)、
    クライトン、マルケス、ジョルジーニョ(83分氏原)
 C大阪 伊藤(GK)、千葉、上村、下村、大森(74分ミキ)、
    布部(61分濱田)、久藤、森島(65分徳重)、
    古橋、大久保、西澤

 警告 名古屋 ジョルジーニョ(1)、クライトン(4)、楢崎(1)
    大阪 大森、伊藤、千葉、西澤、大久保、古橋

おそまきながら記録。試合の中身はまだ見れてない。明日朝に、JSPORTSで放送があるはずだけど。

[追記9/26] JSPORTSの中継を見た。
ザルディフェンスの応酬ってとこだが、まあ、勝ったことでもあるし、名古屋のそれは許容範囲かな、みたいな(笑)。まあ、元々、あんなもんでしょ。もっとも、開始10分くらいまでのは、さすがに許容範囲外。セレッソの速い前線に振り回されて、決定的なシュートを3本打たれた。そのうち、井川のミスがきっかけになった古橋のやつが決まったんだけど、もう1本(特に大久保のがバーに当たったやつ)決まってたら、早々に終ってたんでは。
ただ、10分くらいから、セレッソのペースが落ち、名古屋がまったりと支配し始めた。決定機に近い場面もポツポツ生まれ、でも、決まらないという、セレッソ戦で見慣れた風景がしばらく続いた末に、ジョルジーニョが千葉に倒されてPK。正直、あれがPKかな?、と思わないでもなかったが、マルケスが決めて同点に追い付いたことで、チームに余裕が出たのは確か。直後、幸治郎のクロスから、マルケス、中谷と渡って、最後はマルケスの技有りループで逆転したが、中谷の落着きぶりなんか、ビハインドで焦ってる局面だったら、なかなかああは行かないだろうと思う。
もっとも、その後、西澤の見事なボレーで追い付かれちまった。まあ、ディフェンスを言うより、西澤のシュートが鮮やかだったと思うが。後半開始早々のクライトンの一撃も、そんな感じだった。結果的に、クライトンは2ndの決勝ゴールを独占してることになる。連携や守備面で、気になる場面は相変わらずあるけれど、それを補って余りある実績だろうな。
その後はペースは名古屋。主審のジャッジが、かなりわけわかんなくて、意図的だったとは思えないが結果的にはセレッソの方にダメージが大きく、名古屋に有利な方向に働いたのも、ある程度効いたと思う。
60分過ぎには、中谷の凄いオーバーラップから、直志、幸治郎とつないで、マルケスが押し込み、続いて幸治郎のゴール前へのボールに、セレッソDFを振り切ってジョルジが飛び込みゴール。
その後、大久保にもう一度、バーに当てるシュートを打たれたり、最後まで、ディフェンスはそんなに安定しなかったけど、セレッソも気持ちが切れてしまっていたので、大過なく乗り切った。
相性のいいセレッソ相手の勝ち星だから、あんまり参考にはならない気もするけど、ここ2試合、見る影もなかった中盤(特に両サイド)が、見違えるように溌溂と動き回っていたのは、今後に希望を感じさせる。というか、新潟と味スタで、なんでそれが出来なかった? 結局、相手のプレッシャーの強弱によると考えると、そういうチームには、今後も不安、ということになってしまうが。

グランパス日程はこちら

|

« アクセスカウンターが死んでる? | トップページ | J2リーグ第36節仙台対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1520218

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第6節名古屋対C大阪:

« アクセスカウンターが死んでる? | トップページ | J2リーグ第36節仙台対大宮 »