« セリーグ 中日対ヤクルト(9/22) | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(9/24) »

J2リーグ第35節大宮対福岡

2004.9.23(木) 14時 大宮サッカー場 曇
観客 6421人 主審 野田祐樹 副審 上荒敬司、下村昌昭

 大宮アルディージャ 2(1-0)0 アビスパ福岡 
            (1-0)

 得点 15分 大宮・トゥット(PK)
    79分 大宮・ディビッドソン

 大宮 荒谷(GK)、奥野、西村、トニーニョ、冨田、
    久永(89分島田)、安藤正、ディビッドソン、
    金澤(84分木谷)、森田、トゥット(70分斉藤)
 福岡 水谷(GK)、アレックス、千代反田、増川、
    平島、ホベルト、古賀(45分宮崎)、山形、
    米田(67分田中)、林(52分藏田)、太田

 警告 大宮 トニーニョ(8)、久永(6)、トゥット(6)、ディビッドソン(2)、森田(2)
    福岡 平島、山形、アレックス、太田

トニーニョが次節(仙台戦)、出場停止。警告累積2回目なので、その次(湘南戦)も停止。昇格へ向けての正念場ってとこか。(9/25追記)

序盤から、大宮が押し気味。10分過ぎ、右サイドの崩しから左サイドへボールが廻り、久永がドリブルでペナルティエリア内へ侵入。そこで平島に引っ掛けられPK。トゥットが決めて、先制。
前半は、このPK含め、久永が左サイドで、古巣・福岡の右SB平島、右ウィング山形を翻弄していた感じ。プレーそのものだけでなく、ファールの仕方・受け方で、ベテランの味(笑)を見せつけていた。ただ、大宮は総じて安定感があって、福岡の中盤での展開を潰して危なげない試合運びをしてはいたものの、1点先制して気持ちが守りに入ったか、その後、ボールがうまく前へ出て行かなくなった。押し気味ながら、膠着状態のような感じで、前半は終った。実際の所、かなり眠かった。
後半、福岡が立て直して攻勢に出て来ると、大宮はずるずる押される展開に。それでも最終ラインの集中が切れず、福岡のシュートチャンスでの判断が遅かったこともあり、なんとかしのいだ。70分過ぎにトゥットを下げて斉藤を入れ、守りに入った時は、ちょっとやばいなと思ったが、元々、チームの気持ちが引きに入っていたのが、この交代で整理された感じもあって、これは必ずしも悪い交代ではなかったと思う。
追加点のチャンスはあったものの、森田が決められずに来ていたが、80分、カウンターから森田が左サイドでボールキープし、福岡のGKをうまく釣り出し、ゴール前へ上がって来たマーカスへパス。マーカスががら空きのゴールへシュートを叩き込んで2-0。これで試合は決まったな、という感じ。([9/25追記]というか、映像で見たら、GKが勝手に飛び出して来たという印象だな。スタジアムでも、そんな風に見えてはいたんだけど、少し遠かったので、何かそういう動きがあったのかと思っていた。あと、ゴール前も、一応福岡DFが残ってはいたけど、マーカスに対してはフリーだった)
大宮の完勝、なんだけど、先制した後、中だるみというか、攻めの形がまるで作れなかったし、先制点自体、PKだし、こんなんで勝ってもつまんねえな、という気がした。そういう意味では、後半立ち上がりの福岡の方が、ボールが廻って、面白かったのだけど、技術的にも連携面でもいまひとつで、大宮を脅かすには至らなかったな。去年の終盤の福岡はかなりいい感じで、来年は怖いかも知れないな、と思っていたのだけど、案外伸びてない。川島や福島が居なかったけど、その辺の影響なのか?(というか、彼らが今、福岡で戦力なのかどうか、知らないけど)
あんまり面白みのない試合ではあったけど、勝ちは勝ち。甲府・福岡の連破で、2位グループの中でちょっと抜け出して、手堅く、このまま昇格へ突っ走る雰囲気が生まれつつある気がする。

[9/25追記]記録補足。一部記述も追記。

アルディージャ日程はこちら

|

« セリーグ 中日対ヤクルト(9/22) | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(9/24) »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1504674

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第35節大宮対福岡:

« セリーグ 中日対ヤクルト(9/22) | トップページ | セリーグ 広島対ヤクルト(9/24) »