« セリーグ ヤクルト対阪神(9/20) | トップページ | DAMAGE »

感想「がんばれ!女子サッカー」

「がんばれ!女子サッカー」 大住良之、大原智子 岩波アクティブ新書
女子サッカーの成り立ち、現状を概観した本。Aさん(バレバレ(笑))に貸していただいた。
よくまとまっていて、女子サッカーについて、手っ取り早く知りたければ、この本を読めばいい、という感じ。
かくいう自分も、最初にLリーグを見た1994年以前のことは、あんまり知らなかったから、勉強になった。いや、94年以降のことも、それほど知ってるわけじゃないけど。
ただ、大住は、Lリーグのチームが次々潰れて行った時期のことを、その逆境が女子サッカーに強い精神力を育てた、みたいな書き方をしてるんだけど、そんなに軽く総括しちまっていいもんだろうか、という疑問を感じる。以前、東京新聞のコラムでも、それに類したことを書いてて、その時もそう思った。あの当時、Lリーグ周辺を覆っていた沈鬱な雰囲気を思うと、どうにも。
しかも、企業の論理だけで、いろんなスポーツのチームが潰されていってる当節なので、特にそう思う。本書はスポーツを取り巻く社会を論じる本ではないし(東京新聞の時は、そうでもなかったと記憶してるが)、振り返ってもしょうがないことは振り返らず、前向きに語ろうとする姿勢自体は、結構なことなのかも知れないが。
でも、順境でないと育たないものだって、あるはずなんだけどね。

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(9/20) | トップページ | DAMAGE »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1483720

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「がんばれ!女子サッカー」:

» 大住良之・大原智子「がんばれ!女子サッカー」 [劇団天野屋 Part3]
大住良之・大原智子「がんばれ!女子サッカー」(岩波アクティブ新書) さほど内容が [続きを読む]

受信: 2004.09.21 21:03

« セリーグ ヤクルト対阪神(9/20) | トップページ | DAMAGE »