« スト代替試合非開催が決定 | トップページ | ハイロウズ »

シンの辻

シン・コーナーズのことを考えているうち、クイーンの「ガラスの村」でシン・コーナーを<シンの辻>と訳してしまっているのは、一種の誤訳じゃないか、という気がしてきた。要は地名なんだから、それを訳してしまうのは、新宿をNew Post Townとか英訳しちまうようなもので、けっこうおかしい。「サム・ホーソーンの事件簿」でやっているみたいに、そのまま<シン・コーナー>と表記すべきだったのでは。
もっとも、今、手元にあるのは、76年初版のハヤカワ文庫版だけど、元々ポケミスで出ていたのを、ほとんど手を入れずに文庫に落としたものだろうから、翻訳自体は60年代?のもの。そんな細かい所まで、配慮して翻訳していた時期でもなかっただろうな。というか、その時代だとむしろ、カタカナの羅列よりは訳せる所は訳した方が、たとえ地名でも、馴染みが良かったのかも知れない。いっそ、<新辻村>とでもしていれば、って、その感覚はさらに古いか(笑)。戦前かな?
ところで、<シン・コーナー>と<シン・コーナーズ>は、やっぱり別の町なんだろうか?
それはそうと、ほとんどたわごとだけど、このブログのタイトルに似つかわしい文章を、初めて書いたような気がするな(笑)。

|

« スト代替試合非開催が決定 | トップページ | ハイロウズ »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンの辻:

« スト代替試合非開催が決定 | トップページ | ハイロウズ »