« 感想「ソングブック」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(10/6) »

ヤクルト、4選手に戦力外通告

スワローズの戦力外通告が4選手に出たそうだ。(この記事
成本年秀は、結局、あんまりいい印象がないまま。ベテランの味で、中継ぎでいい投球をしてた時期があったけど、そんなに長い間じゃなかったし、2軍で見ててすら、あんまりいいようには見えなかった。最後に見たのは、多分、6/23の神宮でのロッテ戦。この時も、不満タラタラ。
それに比べると佐藤秀樹は、去年の前半戦の活躍があった分、印象はいい。今年も2軍で見た時は、そこそこのピッチングをしていた。34歳で2軍でそこそこでは、辛いだろうとは思うが。8/4にロッテ浦和で見たのが最後。1イニングを3者凡退だった。
五十嵐貴章は、投げてるのを見たことがあったかどうか。戸田へ行くと、姿だけは、いつも見えたけど。
一番感慨深いのは鮫島秀旗。イースタンを見に行くようになったのは、95年からで(今年で丸10年だったのか)、鮫島はその頃、2軍の正捕手だったと思う。堅実な印象があったけど、ここ10年のヤクルトは、2番手以降の捕手には厳しい環境だったから、売り出す機会も少なかったし、そうこうしてるうち、若手にも抜かれてしまった。長く見ていて、親しみのある選手だったから、戦力外も仕方ないなと思いつつ、居なくなってしまうのは、少し寂しい。5/15の市営浦和での湘南戦で、代打で出た(四球)のを見たのが最後だったらしい。

[追記 2005.3.9]鮫島について、ごちゃごちゃ書いてて思い出したので、2004.12.27の日刊スポーツの記事に載ってた、戦力外選手の進路のことを書いとく。佐藤は台湾の誠泰、成本は台湾の統一へ行ったらしい。五十嵐は、この記事の時点では、アメリカの独立リーグに挑戦となってるが、どうなっただろうか。

|

« 感想「ソングブック」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(10/6) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1604724

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト、4選手に戦力外通告:

« 感想「ソングブック」 | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(10/6) »