« 女子選手権決勝は元日 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節清水対名古屋 »

J2リーグ第40節大宮対川崎

2004.10.30(土) 13時 大宮 雨
観客 4556人 主審 牧野明久 副審 青木隆、早川一行

 大宮アルディージャ 2(1-0)1 川崎フロンターレ
            (1-1)

 得点 41分 大宮・バレー
    74分 川崎・マルクス(直接FK)
    89分 大宮・森田

 大宮 荒谷(GK)、奥野、西村(66分斉藤)、トニーニョ、
    冨田、久永(79分島田)、安藤正、ディビッドソン、
    金澤、バレー(84分横山)、森田
 川崎 吉原(GK)、伊藤宏(44分岡山)、佐原、谷口、
    中村、長橋、久野、木村(74分飛弾)、
    ジュニーニョ、マルクス、我那覇(59分黒津)

 警告 大宮 トニーニョ(9)、金澤(7)、島田(3)
    川崎 谷口

行かないつもりだったが、体調に不安があり?、見に行った。
それにしても、それほど強くはないが、雨が絶え間なく降り続く天候。なんせ、体調いまいちなので、勘弁してくれよ、と思ったが、ピッチの上も少なからず影響はあって、双方、スリップやボール・コントロールのミスが続発。
試合運びについて言えば、パスでつないでビルドアップして、中盤をうまく構成してたのは川崎だと思うが、ピッチの状態が、そういうサッカーに不利に働いた印象。川崎のミスに大宮が付け込んでボールを奪い、素早く前線へ送って、ゴール前でチャンスを作ろうとする展開が目立った気がする。先制点も、まさにその形で、中盤で川崎の中途半端なパスを奪い、右サイドから安藤が持ち込んでゴール前へクロスボール。バレーが飛び込んで合わせた。ここでバレーがフカさない辺り、大宮に流れが来ている証拠か(笑)。(中継の録画を撮ってたんで、確認したけど、川崎の伊藤に慎がプレスを掛けに行って、パスを出させなかった。それを森田が拾って持ち上がり、右から来た安藤へパス。安藤がゴール前へ折り返した。バックスタンドの高さがない所で見てた時と、かなりイメージが違う(笑) ちなみにこの時の接触プレーで、伊藤が痛んで交代した)
先制しちまえば大宮は楽で、4-4-2の布陣を一層がっちり固めて、川崎に展開の糸口も与えない。苦し紛れに預けられた球を持ってジュニーニョが走っても、孤立させてるから怖くない。例によって、大宮の追加点はあんまり見えなかったが、このまま守り切れちまいそうだな、と思った後半半ば、ゴールほぼ正面のいい位置でジュニーニョを倒し、直接FKを与えてしまう。これをマルクスに叩き込まれる。
実際の所、昇格の勝ち点計算からすると、ここで川崎にドローでも、それほど問題はないのでは、と個人的には考えていたから、まあいいんじゃないの、と思っていたが、大宮はペースを上げて、勝ちに行った。久永に代えて、島田も投入した。それは川崎も同様で、ある意味、川崎はもはや失うものはなく、勝つこと以外にモチベーションのないチームだからな。
双方が勝ちに行った結果として、試合はドローで終らなかった、という印象。89分、左サイドで島田がうまく抜け出し、ゴール前へ綺麗なスルーパス、右サイドからフリーで走り込んで来た森田が合わせて決勝点を上げ、大宮が勝ち切った。川崎が守りに来ていたら、多分、あんなに綺麗に島田が抜け出ることはなかったし、ゴール前で大宮が数的優位になることもなかっただろうとは思う。けれども、島田のパスセンス、森田の劇的な場面での決定力の高さを、まざまざと見せつけられた思い。彼らが居なければ、大宮はここまで来ていないだろう。(これも、2人の間で誰かつないでたよな、と思って、録画で確認した。慎がうまくつないでいた)
この局面でここまで安定した試合が出来るのであれば、もはやプレッシャーも何もないのでは(いや、チームカラーからして、元々ないだろうと思ってたんだけど)。このまま走って、42節水戸戦には、実質的に決めちまうんじゃないかな。山形次第では、もっと早まる。あまりにも順調過ぎて、実感もないのかも?(笑)

アルディージャ日程はこちら

|

« 女子選手権決勝は元日 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節清水対名古屋 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

お初でございます、ブログ「南武沿線道路」の管理人でございます。川崎サイドから見た感想を貼らせて頂きました。
今日は大宮の気迫に最後に屈してしまいました。が、来季もどうやら対戦できそうになってきたので今度こそ決着をつけさせてもらいますよ。ブログにも書きましたが、来年また氷川神社の参道を歩くのを心待ちにしています。
後、トゥットのことを宜しくお願いしますです・・・m(_ _)m

投稿: nambuensen | 2004.10.30 21:24

コメント&トラックバック、ありがとうございました。大宮は応援してるというよりは、野次馬的に見てるチームなので、大宮が名古屋と同じリーグになっちまいそうな来年は、個人的にはどうなることか、という感じなんですが(笑)。
川崎の来年のJ1での健闘をお祈りします。川崎(富士通)も大宮(N関)と同じくらい長年見ているチームで、結構愛着のあるチームのひとつですので。もっとも、名古屋サポ的には、2000年の等々力で、我那覇に終了寸前に同点ゴールをぶち込まれて、引分けに持ち込まれたのが忘れられなかったりするんですが。

投稿: wrightsville | 2004.10.31 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1811812

この記事へのトラックバック一覧です: J2リーグ第40節大宮対川崎:

» リベンジ大失敗(J2第40節:大宮2−1川崎) [南武沿線道路]
週間予報では晴れだったのに、昨日になったら雨の予報。昼間だけででも何とか持ってくれやしないかと思ったが、よりによって朝からイイ感じの雨。ウダウダしてたらいつの間... [続きを読む]

受信: 2004.10.30 21:18

« 女子選手権決勝は元日 | トップページ | J1リーグ2ndステージ第11節清水対名古屋 »