« さいたまレイナス優勝 | トップページ | 「グリンプス」 »

イラク人質事件

香田さんが遺体で発見されたそうで。(記事
結局、今回は救出が成らなかったけど、最初から政府に救出しようという意思があったのか、疑問にも思う。特に小泉の言動を見ていると。それをごまかすために、被害者に関するネガティブな報道をせっせとばらまいて、殺されても当然という世論を作り上げようとしていた……というのは考え過ぎだな、多分。発見された別の遺体を本人と誤認してしまう程度の情報収集力しかないようじゃ、そんな情報戦を仕込む能力はないと思えるものな。
今回はともかく、最初の人質事件の時は、明らかにそういう動きを感じたのだけど、あれも、出る杭は打たずに居られない人たちとか、権力に追従するのを喜びと感じるような人たちが、自主的に行なっていたキャンペーンなんだろう。とにかく、あの時のことがあるので、今回の被害者に関するネガティブな報道も、額面通りには受け取れない。少なくとも本人の肉声が聞こえて来るまでは判断出来ない、と思っていたんだけど、それはもう有り得ないんだな。
それと、どうも曖昧にされちまいそうに思われるのは、イラクに自衛隊を送っていることが、問題の根本だということ。イラクの治安が悪いことも、イラクで反米勢力が台頭していることも、事実だろうが、どっちも、日本人の青年が殺害される直接の理由じゃないやね。バグダッドの路上で行きずりに、テロリストの反米爆破事件に巻き込まれたというならともかく、今回の事件は、そうじゃないんだから。
脅迫に屈しない、と言えば体裁良く聞こえるけど、撤退を要求された自衛隊は、正当性が疑わしい状況下での派遣だという前提を、本当はもっと論議するべきで、そこを議論せずに、テロリストの脅しには負けない、みたいな感情論ばかりが突っ走るのは間違っている。感情論の方が一般受けしやすいし、人心掌握の技術にだけは長けている小泉は、そこをうまく利用しているわけだが。
でも、感情論ばかりで理屈の裏付けのない政策なんて、絶対、いつか破綻すると思うんだが。破綻した時に、小泉が責任を取ることなんてないだろうし、仮に取ろうと考えたとしても、一つの国の破綻は、個人が責任が取れるような規模のものでもないだろう。
そういう危惧が、世の中にもっとあっても良さそうに思うんだけど、見えて来ない。それとも、この事件を契機にして、何か動きが生まれるんだろうか。そうであれば、まだいくらか見込みはあるのかも知れないと思うのだけど。

|

« さいたまレイナス優勝 | トップページ | 「グリンプス」 »

「たはごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/1823349

この記事へのトラックバック一覧です: イラク人質事件:

» これでいいのか!?日本人 [女子大生のあたまの中]
イラクで人質となっていた日本人の方が殺害されてしまいました。 彼の行動に批判もあるみたいだし、実際彼の実家には非難の電話が殺到していたというのも耳にしました。確... [続きを読む]

受信: 2004.11.01 23:43

» 万死に値する [りらごー]
小泉とそのあまりに愚かな外交姿勢を許した外務官僚は万死に値する。そのように天木さ [続きを読む]

受信: 2004.11.06 14:49

« さいたまレイナス優勝 | トップページ | 「グリンプス」 »