« 感想「A」 | トップページ | J2リーグ第44節大宮対京都 »

J1リーグ2ndステージ第14節神戸対名古屋

2004.11.23(火) 15時 神戸ウィングスタジアム 晴
観客 16404人 主審 片山義継 副審 青木隆、中野卓 

 ヴィッセル神戸 2(1-0)1 名古屋グランパスエイト
          (1-1)

 得点 6分 神戸・三浦
    52分 神戸・北本
    59分 名古屋・ウェズレイ

 神戸 掛川(GK)、北本、高木、丹羽、坪内、
    菅原、ホージェル(64分滝澤)、ホルビ、
    薮田、播戸、三浦
 名古屋 楢崎(GK)、古賀、秋田、井川(45分海本慶)、
    中村、角田、山口(80分藤田)、中谷、平林、
    渡邊(74分豊田)、ウェズレイ

 警告 神戸 坪内
    名古屋 渡邊(1)、藤田(1)

JSPORTSの録画中継を見た。
前節の乱戦の影響で、前線は大幅にメンツが入れ替っていて、これが全然機能しない。それにくらべれば、バックラインはまだまともな構成のはずなのに、序盤に薮田が右サイドから入って来ると、ゴール前に居る三浦そっちのけでディフェンスがみんな集まり、三浦に出されたら、もうゴール前に楢崎が居るだけ。難なく決められる。それ以降も、まったくいい所のない、見るべきもののない前半。
後半はってえと、またも序盤に、CKからゴール前で完全フリー(何故?)の北本へ通され、蹴り込まれて失点。どうして、神戸戦は、こういう信じ難いような失点が生まれるのか。ただ、数分後、平林のパスからウェズレイが決めて、1-2としたことで、幾分、名古屋に活気が生まれた。とはいえ、連携の悪さは覆うべくもなく、得点の気配は限りなく薄いまま、ズルズルとタイムアップ。
神戸の出来が特に良かったとは言い難いだけに(守備陣は集中していたが、攻撃陣は、名古屋が普通に守ってたら、得点出来ていなかったのでは)、いかにメンツを落としていたにしても、この試合のここまでの精彩の無さはいただけない。特に、せっかく起用されたのに、威勢のいい所も満足に見せられなかった若手たちには、失望気味。準備不足は確かにあっただろうけど、こういう所でいいとこ見せないと、レギュラーポジションなんて、絶対無理だと思う。そういう自覚はないんだろうか。

|

« 感想「A」 | トップページ | J2リーグ第44節大宮対京都 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2078841

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ2ndステージ第14節神戸対名古屋:

» 第14節 対神戸 1-2(得点:ウェズレイ) [蹴りたいグランパス]
<スタメン> GK 1  楢崎正剛 DF 2  秋田豊 DF 3  井川祐輔(→18海本慶治) DF 5  古賀正紘 MF 6  中谷勇介 MF 7... [続きを読む]

受信: 2004.11.27 16:15

« 感想「A」 | トップページ | J2リーグ第44節大宮対京都 »