« 大宮のJ1昇格についての個人的な雑感 | トップページ | 古田/五十嵐版タフマン »

大宮の戦力外選手

新聞とかで記事を見なかったのだけど、12/1付でチームの公式サイトには、発表が載ってた。戦力外は、若松、喜名、氏家、木谷、松本、丹野の6人。後半戦の起用のされ方を見る限り、そうだろうな、と思う顔触れで、意外性はない。
丹野は2年間でトップ出場なし。結局、高卒の選手の見切り所は、2年が相場ってとこなのかな。松本大樹と木谷は、チャンスは何度かあったけど、レギュラーを取り切れなかった。この辺は、年齢も含め、潮時だろうなと思う。大樹のキャラクターは惜しいんだけど(笑)。
氏家は古株だし、いろいろ思い出のある選手なんで、名残り惜しい。いろいろ気の毒な面もあったと思う。ワールドユースのメンバーに入ってたというだけで、チームであまり実績も残せてないうちから、看板みたいにして変に祭り上げられたり、その時のチームの都合に応じて、どう見ても合ってなさそうなポジションで起用されることが多かったり。
若松と喜名に関しては、今年の看板補強だったはずで、その2人が1年で戦力外、しかも、今年の実績を見る限り順当、ってのは、要するに、アルディージャの今年のシーズン当初の補強は、失敗だったということだよな。大々的な移籍補強を敢行した割に、実績に期待して取ったと思われる選手の中で、うまく行ったのは久永くらい(冨田は水戸からの獲得で、少し意味合いが違うと思う)。しかも、多分、久永は比較的期待されてなかった補強と思われるわけで。
結局、最終的に結果が出たのは、シーズン半ばで、精力的に追加の補強を行って、それが当たったことが最大の要因だと思う。トゥット、森田、西村。チームが波に乗り始めたのも、彼らが来てからだった。J2の長丁場という特性を、うまく生かしたという所で、その辺は評価されるべきと思うけど、シーズン初めの構想が失敗に終ってたという事実は残るとも思う。三浦の手腕みたいなのがやたらと賞賛されてるけど、その辺をちゃんと押さえておかないと、後々、痛い眼を見るんじゃないかという気がする。インタビューとか見てると、相変わらず三浦は、自信満々のようだけど。

|

« 大宮のJ1昇格についての個人的な雑感 | トップページ | 古田/五十嵐版タフマン »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2147379

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮の戦力外選手:

« 大宮のJ1昇格についての個人的な雑感 | トップページ | 古田/五十嵐版タフマン »