« Beastie Boys ライブ | トップページ | 国芳・暁斎展 »

感想「深夜のベルボーイ」

「深夜のベルボーイ」 ジム・トンプスン 扶桑社
トンプスンにしては、妙にスッキリした作品に思えた。プロットがかっちりしてる一方、お馴染みのぐちゃぐちゃな場面はほとんどない。普通のサスペンス・ミステリみたい。主人公が、閉塞した環境で人格が破綻しかかってるのはいつも通りで、陰々滅々と話は進んで行くのもいつも通りではあるが。
普通に書けば達者なサスペンス作家だってのを再認識した。引き込まれたし、終盤の展開は見事。
トンプスンは特に気に入ってる作家という訳でもないんだけど、扶桑社からソフトカバーで出てる邦訳を、なぜか不思議と古書店で見つけてしまうし、買って読んじゃう。その辺は、やっぱりそういう巧さを感じるからだな、と思う。
ちなみに、時々変にもてはやされるトンプスンのゲテな部分は、ただの露悪趣味だと思ってるし、大したもんだとは別に思わない。そういうとこに引かれて読んでる訳でもない。ただ、妙な作家だよな、という印象によって、その他大勢の作家から識別出来てるという効果はあるような気がする。

|

« Beastie Boys ライブ | トップページ | 国芳・暁斎展 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2575593

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「深夜のベルボーイ」:

« Beastie Boys ライブ | トップページ | 国芳・暁斎展 »