« 感想「深夜のベルボーイ」 | トップページ | お年玉付き年賀葉書の抽選結果 »

国芳・暁斎展

東京ステーションギャラリーに国芳・暁斎展を見に行った。(これ
半分おつきあいで行ったようなもんで、浮世絵について、特に知識があるわけでもないが、中途半端にヨーロッパの絵画を見に行った時より愉しめたのは、やっぱり日本の文化には馴染みがあるからだよな。まあ、ものすごく巧い、とか、感情を揺さぶられるような、インパクトの強いものはなかったけど、洒落っ気がある所は愉しかった。こういうのが江戸っ子の粋ってもんなんですかね。
日本の古い絵を見ると、いつも思うことだけど、どことなくマンガみたいな所があった。特に国芳が、かな。そういうのを見ると、マンガってのは、紛れもなく日本の文化の流れの中にあるもんだなと思う。
あと、江戸末期から明治に掛けて活動していた人たちなので、作品も双方の時代にまたがっており、江戸から明治にかけての文化の連続性ということについても、漠然と考えてみたりした。

|

« 感想「深夜のベルボーイ」 | トップページ | お年玉付き年賀葉書の抽選結果 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2595793

この記事へのトラックバック一覧です: 国芳・暁斎展:

« 感想「深夜のベルボーイ」 | トップページ | お年玉付き年賀葉書の抽選結果 »