« スマトラ沖地震 | トップページ | 副島孔太が欽ちゃん球団に合格らしい »

感想「歌姫」

「歌姫」 エド・マクベイン ハヤカワ・ポケミス
87分署シリーズの最新刊。
タルい凡作という感じ。2/3くらいまで、モタモタして、さっぱり盛り上がらない。終盤に来て、やっと話が流れ始めたかと思えば、あっけなく終ってしまう。
近年のシリーズ作品を考えれば、こんなもんか、という気はしないでもないけど、帯の宣伝文句で「87分署総力戦」とか「刑事たちとFBIのデッドヒート」とか煽っておいて、この中身だから、失望感が大きい。誇大広告もいいところ。献辞の「さあ、びっくりだぞ!」てのもな。ひねりはあるけど、ミステリなんだから、これくらいはあるだろう。威張るほどのもんじゃない。
オリーのエピソードなど、シリーズものとしてのサービスはあるけれど、それでごまかしが効かないほど、単独作品としての出来が粗いという印象。
一所懸命、音楽業界の取材をしたんだな、というのは、よく分るけどね。

|

« スマトラ沖地震 | トップページ | 副島孔太が欽ちゃん球団に合格らしい »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2511870

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「歌姫」:

« スマトラ沖地震 | トップページ | 副島孔太が欽ちゃん球団に合格らしい »