« スタウトの新刊 | トップページ | 感想「悪党パーカー/電子の要塞」 »

ANTHOROGY

70年頃のイギリスのグループ・コロシアムのベスト盤。ほとんど(全然?)聴いたことのないグループのアルバムを衝動買い。2/13にレコード屋に行って、1曲目に「ヴァレンタイン組曲」が入っていたから…というのは嘘で、ただの偶然。
もっとも、ジョン・ハイズマンやディック・ヘクトール-スミス(最近亡くなったらしい)という、ジャック・ブルースの古い仲間が噛んでることは知ってたし、音の見当は付いてたんだけど。
プログレとハードロックのあいのこみたいな感じだな。でも、解説には、ジャズロックと書いてある。この辺のジャンル分けは、よくわからない。ハードロックの方に振れている曲は、クリーム(のライブ)に近いと思った。Toadにそっくりなドラムソロもあったりするし。でも、もっと似てるのは、ジャック・ブルースのソロアルバム。実際、ジャック・ブルースのソロの曲が2曲も入ってたりするし。
Beware The Ides Of Marchという曲は、元ネタは「G線上のアリア」なのかも知れないけど、どうも「青い影」に聴こえてしょうがない。

|

« スタウトの新刊 | トップページ | 感想「悪党パーカー/電子の要塞」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/2945333

この記事へのトラックバック一覧です: ANTHOROGY:

« スタウトの新刊 | トップページ | 感想「悪党パーカー/電子の要塞」 »