« スワローズの神宮開幕3連戦入場料半額 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »

J1リーグ第1節名古屋対千葉

2005.3.5(土) 14時 瑞穂陸上 晴
観客17239人 主審 砂川恵一 副審 山崎裕彦、平野伸一

 名古屋グランパスエイト 2(1-0)2 ジェフユナイテッド市原・千葉
              (1-2)

 得点 39分 名古屋・ウェズレイ(PK)
    54分 名古屋・古賀
    83分 千葉・坂本
    89分 千葉・巻

 名古屋 楢崎(GK)、角田、古賀、増川、渡邊、
    安英学、クライトン、中村、本田(88分吉村)、
    マルケス、ウェズレイ
 千葉 櫛野(GK)、斎藤、ストヤノフ、水本、
    坂本、佐藤、阿部、水野(63分工藤)、
    羽生(75分滝澤)、ハース、巻

 警告 名古屋 増川(1回目)、安英学(1回目)
    千葉 なし

見に行ってたんで。

前半に関しては、新戦力の選手たち(渡邊も含む)がアグレッシブに動いて、「名古屋にしちゃ」よく動いてるサッカーで(以前からの選手は駄目だった、という意味ではなく。直志は、よくやってたと思う)、今年はちょっと違うかも、という期待を感じた。立ち上がりから両サイドバックの穴は気になってたが、少なくとも渡邊に関しては、積極的な攻め上がりで、それをある程度補ってもいたし。(角田は前半は遠い位置だったので、あんまり分からなかったが、後半…)
ただ、去年からメンバーが大幅に入れ替った影響かどうか、チーム内の連携はあんまり良くなかったし、それもあって、元々自分たちだけで攻撃したがるブラジル人トリオが、いよいよその傾向を強めてしまってた感じ。それでも、彼らが効いてりゃいいんだけど、クライトンはともかく、マルケスはプレーがパターン化して、途中から水本に見切られて、効果的な突破が出来なくなってたし、ウェズレイは去年の不調から回復してる気配がなかった。2トップがこれじゃあ、必然的に、得点の気配は薄く、決定機はあっても、決定的なシュートはほとんどないまま、前半が終ってしまいそうだったんだけど、思いがけなく(あれが?、みたいな)PKが転がり込んで、なんとなく先制。いまひとつ、喜びの薄い今季初ゴールだったが、とにかくリードして折り返し。

後半もリズムはあんまり変わらなかったが、早い時点で、セットプレーからの流れで古賀が追加点を押し込んだことで、さすがにこれは行けるか、と思った。2点差を追いつかれるのは毎度お約束とはいえ、ジェフも攻撃陣の連携がいまいち、特に新加入の外国人FWハースが噛み合ってなくて、点を取れなそうだったからなあ。昔から、試合の組立自体はジェフの方が面白いけど、結果は名古屋、ってのを見慣れてたカードということもあり。まあ、最近3試合は2敗1分なんだけど。
でも、名古屋が次第に運動量が落ちて、いつもの名古屋に戻っちまったのに対し、ジェフは落ちなかった。それが勢いの差になって、後半半ばから一方的に押し込まれ始めたという印象。ゴール前は古賀・増川・英学で固めて、それなりに堅く、なんとかしのいでたが、両サイド、特に角田のディフェンスが全然駄目。やられっ放しじゃ、持ちこたえるにも限界があり、83分に右サイドをフリーで上がって来たストヤノフから放り込まれたのを坂本に合わされて、まず1失点。それでもなんとかロスタイムまで持ち込んだが、アンパイと思っていた滝澤に、またもドフリーの右サイドから(なんと右足で)きれいにゴール前へ入れられる。それに巻が合わせたシュートは、楢崎のナイスセーブで、なんとか逃げ切り、と思ったんだが…。

終わってみれば、名古屋は今年も何にも変わってねえがな、という試合。特に後半のまったり具合は、名古屋の持ち味そのもの。ピッチ上の選手が半分くらい新戦力に入れ替わっているのに。「伝統」(笑)の根強さを思い知らされる。まあ、新戦力についても、運動量が持ち味、というタイプの選手が、あんまりいない気はしたけど、本田も含めて。本田自体にはセンスを感じたし(2点目のアシストは、本田と気付いてなかった。申し訳ない(笑))、いい選手だと思ったが、周囲が生かしてやらないと持ち腐れになっちまうタイプの選手のような気がする。でもって、今の名古屋は、ウェズレイ・マルケスを生かすことが最優先なチームだからなあ。それは本田自身も気付いてるようだけど。
他にも問題は多々ありそうだけど、とりあえずはウェズレイがどこで復活するか、もしくは、どこでウェズレイを見限るかが、今年のポイントになりそうな気がする。それ以外は、個別に手を打っていけば済むはず(?)なことだけど、こればっかりはチームの根幹に関わる。復活せず、見限れず、だった場合は…どうなることやら。1試合見ただけでは、何とも言えないのかも知れないが。
そういやあ、ウェズレイについてのこの辺のことは、去年も考えてた。そういう意味でも、やっぱり変わってないのか。それでも今年は、本田という選択肢があるだけマシかも知れない。高校を出たばかりの新人選手に、あまり期待し過ぎるのもどうかとは思いつつ。

ジェフの出来も終盤まではいまひとつだったけど、あちらは結局、ハースが馴染めば済むことのような気がする。問題がシンプルそうなのが、うらやましい。

新潟が惨敗して、幸治郎が退場ってのは、ちょっとだけ溜飲が下がったけど。

|

« スワローズの神宮開幕3連戦入場料半額 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

はじめまして...じゃないですが、自分もblog始めたんで、トラックバックさせていただきました。「気ままなNotes...」よろしくお願いいたします。

投稿: pixy_japan | 2005.03.06 18:30

トラックバック&コメントを、ありがとうございました。
ばれましたか(笑)。まあ、敢えて隠そうともしてなかったですが。こちらも(あちらも)、よろしくお願いします。

投稿: wrightsville | 2005.03.07 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3194316

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第1節名古屋対千葉:

» 2005J1 第1節 名古屋グランパス×ジェフユナイテッド市原・千葉 [気ままなNotes...]
 待望の2005年J1開幕戦、名古屋グランパスエイト×ジェフユナイテッド市原・千葉(瑞穂陸上競技場14:00キックオフ)を観戦してきました。  バックスタンドホ... [続きを読む]

受信: 2005.03.06 18:26

« スワローズの神宮開幕3連戦入場料半額 | トップページ | J1リーグ第1節G大阪対大宮 »