« スワローズがNPO法人設立 | トップページ | スワローズ・4月日程 »

感想「白い雌ライオン」

「白い雌ライオン」 ヘニング・マンケル 創元推理文庫
クルト・ヴァランダーもの3作目。
こんなに分厚くて(700ページ)話が持つのかと思ったが、ある意味、これは2冊分の内容があり、スウェーデンを舞台にした警察小説と南アフリカを舞台にした陰謀小説が、絡み合いながら展開していく。
で、スウェーデンのパートの中心になるのがヴァランダー。相変わらずのマヌケキャラぶりも見せてはいるけど、事件そのものの深刻さが、彼が一貫してお笑いキャラでいることを許さない。彼が有能な警官として働かないと、話が破綻してしまうので。その結果、ヴァランダーの人物像が分裂気味になり、やや違和感を覚えた。他の登場人物にも、キャラに合わない行動をする、と思ってしまう部分があり(マバシャとか、タニアとか)、人間の多面性を描いているとも取れるが、単にストーリーの辻褄合わせという気もしないではない。
アパルトヘイト撤廃後の南アフリカを描くことで、アパルトヘイトや、それに共鳴する差別的な思想の非人道性を訴える、というあたりがテーマと思う。そのあたりは、非常に重みがある。また、これだけの長さにもかかわらず、ストーリーが停滞せず、緊張感が途切れず、サスペンス小説としてもかなり良い出来。人物描写の所で、やや違和感はあっても、ここまでの3作中、ベストの出来じゃないかな。
それにしても、このシリーズは、1作目こそ、外国人の流入の増大と排外主義の高まりという(昨今の日本みたいだが)、スウェーデン国内の問題をメインテーマとしていたが、2作目・3作目と、むしろ国外の問題を扱うことの方に力を入れているように思える。そういうシリーズの主人公が田舎町の警察官という、ややアンバランスな設定が、違和感というか、少々無理を感じる原因でもある。その辺も含め、この先、このシリーズがどういう方向へ展開して行ってるのか、興味を感じる。

|

« スワローズがNPO法人設立 | トップページ | スワローズ・4月日程 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3490740

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「白い雌ライオン」:

» 白い雌ライオン [個人的読書]
  「白い雌ライオン」 ヘニング・マンケル著 東京創元社・出版  『骨太捜査物では、なく、国際謀略物』  やっと読み終わりました。 これはスウェーデン人によって、かかれたスウェーデン・ミステリです。名前と存在は、ぽつぽつ耳にしていたのですが、欧州(主にドイツ)では、超有名作家だそうです。 初めて読んでみました。  スウェーデンの事を、殆ど知らないので、確かに、地... [続きを読む]

受信: 2005.04.22 18:47

« スワローズがNPO法人設立 | トップページ | スワローズ・4月日程 »