« J1リーグ第2節磐田対名古屋 | トップページ | オープン戦ヤクルト対楽天 »

感想「ギャンビット」

「ギャンビット」 レックス・スタウト 「EQ」
ネロ・ウルフもの。「編集者を殺せ」をなかなか買いに行けなくて、手元にあるやつを読んでた。92年の邦訳だけど、出る前に原文で読んでたせいで、こっちは確か読んでない。当時の記録を調べてみたが、原文を読んだ時の感想もろくに残ってなかったので、読み直してみることにした。どうせ、内容もほとんど覚えちゃいなかったので。
不可能犯罪ぽい趣向だが、ウルフものの通例通り、その謎の解明は本書の主目的ではない。なんせ、ある決定的な事実を、ウルフより先に知った時点でアーチーが真相を見抜いてしまう。つまりアーチーの方が推理抜きで先に真相にたどりついてしまうわけで、スタウトがどういう小説を書こうとしてたかってのは、この辺からも明らかじゃないか。
ただ、謎自体は、謎解きマニアなら、あっさり気付いてしまいそうな気もするが、個人的には、結構、気が利いてると思う。
やはり、本書の最大の読み所は、どう考えても犯人としか思えない人物を、確信もないまま、無罪と証明しなくてはいけない羽目に追いこまれたウルフのじたばたぶりのおかしさだろう。
そうしたキャラクター小説としては、充分面白かったけれど、素材を生かし切っていない、もったいなさは感じた。結末も、かなり荒っぽい。ウルフものとしてはお約束に近い形だし、人間心理的にも無理はないようには思えるが、スタウトも本当に出来のいい作品では、もうひと工夫してると思う。まあ水準作という所か。

|

« J1リーグ第2節磐田対名古屋 | トップページ | オープン戦ヤクルト対楽天 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3300391

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ギャンビット」:

« J1リーグ第2節磐田対名古屋 | トップページ | オープン戦ヤクルト対楽天 »