« 輸血用血液、全国的に不足 | トップページ | J1リーグ第4節新潟対大宮 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/9)

2005.4.9 13:00 岩槻川通公園
E 000000411 6
S 000000000 0
[敗]松谷 [勝]小林

さいたま市が岩槻市を吸収合併した記念試合。下は先週の戸田に貼ってあったポスター。
   iwatsuki2

岩槻川通なんて、こんなことでもないと行かない球場なので、チャリで行ってみた。北浦和駅前からだと約45分。球場はこんな感じ。新しくて綺麗。正面には、「やまぶきスタジアム」とも書いてあった。
 20050409kawadori2

試合は6回までは投手戦、というよりは貧打戦という印象。スワローズの先発は川島。ボールが多く、ヒットもそこそこ打たれていたが、4回までなんとか無失点でしのぐ。5-6回を投げた小森もそんな感じ。一方、打線は、楽天先発の小林に対し、6回まで散発3安打。
7回、スワローズは松谷が登板したが、急造サード(依然人手不足らしい)の福川のエラーを足掛かりに2死満塁のピンチ。ここで斉藤にライト前にタイムリーを打たれるのだけど、その後の流れ挟殺プレーでショートの大原が悪送球をやらかし、斉藤まで生還、一挙0-4。
続く8回も大原は、取れそうな当りをセンターへ抜かすわ(記録はヒット)、併殺が取れそうな投ゴロで、2塁ベースをセカンド梶本と譲り合って、1死しか取れないわ。米野は盗塁を差し損なう、捕邪飛は取り損なう、ボロボロの守備。松谷が、いい当りを何本か打たれてたのは事実だけど、あれで松谷が敗戦投手になるのは可哀想だな。
結局、スワローズはいいところなしの完敗。
レフト側に居た少年野球チームの一団が、やたらと楽天を応援していて、どうせスワローズの招待で来てるんだろうに、礼儀を知らんやっちゃと思ったが、客感的にこの試合を見たら、楽天の方に好感を持っただろうな。迫力はそれほどなかったけど、つまらないミスはしてなかったものな。ちなみに克則(スコアボードの表示は「カツノリ」じゃなかった)が4番ファーストで出て、猛打賞の活躍だった。

少年野球といえば、以前から気になってるが、スタンドに団体で来ている少年野球のチームの中には、見境なしに選手に「ボール下さい」ってせびり続ける奴らが時々居る。今日も居た。ものすごく見苦しくて、まるで乞食。そういう人間性みたいな所の教育が出来ない、どうしようもない少年野球の指導者ってのが居るんだろう。

|

« 輸血用血液、全国的に不足 | トップページ | J1リーグ第4節新潟対大宮 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3629851

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/9):

« 輸血用血液、全国的に不足 | トップページ | J1リーグ第4節新潟対大宮 »