« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/9) | トップページ | L1リーグ第1節日テレ対伊賀 »

J1リーグ第4節新潟対大宮

2005.4.9(土) 16時 新潟スタジアム 晴
観客 40573人 主審 高山啓義 副審 河野暁、間島宗一

  アルビレックス新潟 3(1-1)2 大宮アルディージャ 
             (2-1)

 得点 19分 新潟・エジミウソン
    28分 大宮・クリスティアン
    62分 大宮・トニーニョ
    81分 新潟・リマ(FK直接)
    89分 新潟・ファビーニョ

 新潟 野澤(GK)、丸山(77分船越)、萩村、
    寺川(64分リマ)、海本慶、山口(69分青野)、
    ファビーニョ、本間、エジミウソン、上野、鈴木慎
 大宮 荒谷(GK)、三上(67分片岡)、冨田、トニーニョ、
    西村、ディビッドソン、金澤、藤本、久永(86分島田)、
    トゥット、クリスティアン(74分森田)

 警告 新潟 本間
    大宮 ディビッドソン(3)

JSPORTSの中継を見た。

先日のナビ杯の印象からすると、大宮にとっては、新潟はそんなに怖くない感じだったが、さすがにあの時の前半のようなグズグズな試合は新潟もして来ず、楽に攻めることは出来てなかった。もっとも、一方で新潟の攻撃は個人任せな部分が多く、組織的なディフェンスで割と楽に対応出来ていた。結果として膠着状態(笑)。
19分に、カウンターからの素早い展開で、組織的なプレスを掛ける前に、エジミウソンに見事なミドルシュートを打たれ、先制点を許した。しかし、その後はじわじわ押し返し、28分にはクリスティアンが、トゥットのパスに頭できっちり合わせてゴールを決め、後半序盤には、CKからトニーニョが決め、完全に大宮ペースの試合運びになった。新潟は連携が乱れ、個人のミスも増え、74分にクリスティアンを下げて森田を入れた時点では、完全に大宮の逃切りペースに入ってたと思うんだが。
流れが変わったのは、追い詰められた新潟が、DFの丸山に代えて船越を投入し、パワープレイに出て来た所からと思う。悪いことに大宮は、その少し前に三上が痛んで、左SBを新人の片岡に入れ替えており、人数が増えた新潟の前線に対して、バックラインが余裕を持って対応出来ない状況になっていた。同点ゴールはリマの個人技(たいしたFKだった)だけど、FKを与えたのは、ゴール前でディフェンスの対応が乱れがちな中で、船越を倒しちまったせいだし、これで勢いづいた新潟に押しまくられ、ロスタイムにCKから、フリーでゴール前へ飛び込んで来たファビーニョに逆転ゴールを許すが、これも多分、人数バランスが崩れて、ファビーニョまでマークを付ける余裕がなかったせいだろう。
運がなかったかな、という気はするが、相手に人数を掛けられて、ディフェンスを振り回され、組織を崩されると弱い、というあたりを突かれたちゃった面もあるかも。どこまで意図的かは分らないけど、反町は大宮のことを良く知っているからな、という気はした。
前節を見て、楽観的なことを書いたけど、逆にこういう所で取りこぼしちゃうと、厳しくなるということでもあるわけで。これはかなり痛い1敗かも知れない。
クリスティアンが、いよいよ本物ぶりを見せ始めているのは、いい材料だけれど。

[6/22 追記] 記録補足

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/9) | トップページ | L1リーグ第1節日テレ対伊賀 »

「大宮アルディージャ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3639028

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第4節新潟対大宮:

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(4/9) | トップページ | L1リーグ第1節日テレ対伊賀 »