« J1リーグ第6節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第7節横浜対大宮 »

J1リーグ第7節柏対名古屋

2005.4.23(土) 19時 日立柏サッカー場 晴
観客 10188人 主審 穴沢努

 柏レイソル 0(0-1)2 名古屋グランパスエイト  
        (0-1)

 得点 35分 名古屋・中村
    89分 名古屋・クライトン

 柏  南(GK)、波戸、薩川(75分谷澤)、中澤、近藤、
    明神、リカルジーニョ、クレーベル、
    大野(49分平山)、玉田、安永(63分崔)
 名古屋 楢崎(GK)、古賀、増川(33分井川)、秋田、
    吉村、中谷、山口、本田、クライトン、
    中村、マルケス

 警告 川崎 平山
    名古屋 秋田、マルケス

見に行ってた。

古賀が戻ってベストメンバーかと思えば、角田が居らん(体調不良とか?)。柏はスピードがあるし、秋田では少し怖いと思ったが、秋田自身がそれほど競り負ける場面はなかった。ただ、全体的にはスピード負けしてたと思う。まあ、前節も前半はそんな感じだったけど、柏の攻撃の方が鋭くて、怖さはあったなと。柏の決定力のなさに、かなり救われた。それは試合全体を通しても言えること。
吉村は奮闘していたが、ヨンハッとの比較では、体格に絶対的なハンディがあるので、やはりヨンハッほどの安定感は出せてなかったし、さらに増川が前半半ばで負傷退場し、一回り小さい(笑)井川に代わったことで、守備はさらに不安を抱えることに。だって、ボランチから後ろは、まんま去年のメンバーだもんな。

その直後、ゴール前からのクリアボールを拾った吉村のクロスに、直志が合わせて先制点を決める。気分的には、これで少し楽になった。それにしても、吉村はいいクロスだったし、後で録画を見たら、直志もゴール前へいい入り方をしてるね。直志は、かなり厳しいマークを受けていて、攻撃の起点としては、思うようにプレー出来てなかった感じだったが(今の名古屋の攻撃の中心は直志だから、ここを潰されると、かなりキツイ)、前節に引き続き、決定的なプレーをした。

ただ、なんせ、ここ数年の柏では、これで貰った、という所から追い付かれたり、勝ち越されたりを繰り返しているし、守備陣は今一つ信用出来ないメンツだし、1点リードを守り切れるかどうか、非常に不安だった。実際、後半は柏の猛攻を受けて、かなり危なっかしさはあったが、ここはもう本当に守備陣が頑張った。信用出来ないとか言って、ごめんなさいという感じ。柏の詰めの甘さはあったし、楢崎も神的なセーブを何発も見せたが、それだけじゃなく、古賀も井川も身体張ってた。控えにも、角田もヨンハッもいないわけで、彼らが痛んで倒れると、生きた心地もしなかったよ。よく持ちこたえたと思う。

あと、柏が前掛かりになってる分、後半は名古屋も好機は作りやすくなってて、カウンターから得点機が何度も生まれた。ここでは、マルケスや本田がかなり効いていた印象。ただ、自分でシュートへ行けよ、みたいな場面ばかりで、肝腎のフィニッシュが、一向に決まらない。マルケスの超決定的なシュートがゴールのわずか外を転がって行く、なんてのもあり、頭を抱えた。こういう逸機を繰り返してると、そのうち相手に決められちゃう、なんてのも、かなり頭にちらついてたが、これも最後の最後、ロスタイムに本田→マルケス→クライトンで綺麗なカウンターが決まって(オフサイド臭かったのは認める)、2-0。7年ぶりとかいう柏での勝利、10年ぶりとかいう、3試合連続完封勝利を達成。本当に嬉しかったな。

試合後、名古屋のゴール裏へ柏サポが殴り込んで来たということだけど、その前に引き上げちまったので、帰宅してニュースを見るまで知らなかった。そもそもバックスタンドで見てたし。まあ、柏サポはかなり殺気立ってたし、そういう中でビジターのサポが試合後もコールを続けていれば、我が身を考えても、トラブルが起きても不思議はないかとは思うんだけれど、詳細が分らないのにあれこれ書いても何なので止めとく。

|

« J1リーグ第6節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第7節横浜対大宮 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3832748

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第7節柏対名古屋:

» 完封で3連勝 [Grampus blog]
若槻千夏ってグランパスファンらしいぞ そんな事はどーでもいい グランパスは柏をくだして3連勝。しかも3試合連続の完封勝利 柏にはいけないがしっかりとその勇姿をBSで見ていた グランパスのシステムは3−6−1 角田が試合前に体調を崩した事がシステム変更の原因か 序盤はレイソルペース というかグランパスは毎試合立ち上がりが宜しくない 玉田を中心とした速い攻撃に何度もゴール前まで迫られる こ... [続きを読む]

受信: 2005.04.24 15:23

» 2005年Jリーグディビジョン1第7節 柏vs名古屋 [Grampus8]
好ゲーム [続きを読む]

受信: 2005.04.26 01:21

« J1リーグ第6節大宮対東京V | トップページ | J1リーグ第7節横浜対大宮 »