« 感想「むごいサロメ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/11) »

J1リーグ第11節G大阪対名古屋

2005.5.8(日) 14時 万博記念競技場 曇
観客 13687人 主審 山西博文 副審 石沢知、原田昌彦

 ガンバ大阪 3(2-0)1 名古屋グランパスエイト  
        (1-1)

 得点 38分 大阪・アラウージョ
    43分 大阪・遠藤
    76分 大阪・前田
    89分 名古屋・平林

 G大阪 松代(GK)、實好(80分児玉)、山口、宮本、
    遠藤、シジクレイ、アラウージョ(84分松波)、
    二川、橋本、フェルナンジーニョ(61分前田)、大黒
 名古屋 楢崎(GK)、古賀、須藤、角田(59分井川)、
    渡邊、吉村、クライトン、本田(45分杉本)、山口、
    中村(45分平林)、マルケス

 警告 G大阪 實好
    名古屋 須藤(1)

早くても、水曜くらいにならないと試合の中継を見れそうもないし、あんまり身を入れて見る気にもなりそうもない試合なんで、とりあえず記録を見てしまう。
Jリーグ10000ゴール目をやられちまうとはなあ。まあ、後々、悔しさを思い出すきっかけにはなるか。(崔龍洙の8000ゴールは忘れてないかんな)
平林、間の悪い試合でのJリーグ初ゴールだったけど、メゲずに頑張れ。

[追記 5/13] やっとJSPORTSの録画中継を見た。
このメンツじゃ仕方ない、というような試合じゃなかったな、という印象。というか、須藤以外は、それなりなスタメンが組めてはいたんだよな。
最初からガンバに優勢に試合をされてたが、あちらもお疲れか(元々か?)、詰めの甘さが目立ち、弱体化してる名古屋のDF陣でも、何とかなっちまいそうな気配があった。
ただ、直志が疲れを引きずってる感じで、攻撃がなかなか形を作れず守る時間が長くなり、そうなると、そのうち崩れるのは必然的な成行き。38分にゴール前でつながれ、アラウージョに決められる。この失点は、守備の寄せが甘いかなと思いつつ、まあ、しゃあないかとも思ったが、次の失点はちょっとね。クロスへの楢崎の飛び出しが中途半端で、がら空きのゴールへ押し込まれた。そこまで何とかしのげていたのは、(例によって)楢崎の力が大きかったが、これはポカだろう。見てて、浦和戦の最初の失点を思い出した。ディフェンスが不安で、状況判断に狂いが生じているのかなあ。いずれにしても、この2点目が重かったような気がする。
後半、重い直志と故障の本田を外して、杉本と平林を投入。これで攻撃の流れが、かなり良くなった。やられ放しではなく、スピードで崩して、シュートまで持ってく形を何度も作れるようになってたし。ただ、決定的なシュートが枠に飛ばない、ポストを叩く。詰めの甘さが出てしまった感じ。そうこうしてるうちに、カウンターから前田に致命的な3点目を決められちまう。これがJリーグ1万ゴール目。
最後の平林のゴールは、そこまで再三、いい形でゴール前でシュートを打ってたのが、ようやく結実した感じ。とにかく一つ結果を残せたのは、悪いことじゃない。いいきっかけになってくれりゃいいなと思う。
多分に開き直りの産物かも知れないけど、後半の勢いを前半から出せてたら、もう少し何とかなった試合だったんじゃないかと思う。そういう意味で悔いは残ったし、結果だけ聞いて、まあ今日はしゃあないと思ってしまった自分も、ちょっと悔しいかも知れない。

|

« 感想「むごいサロメ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/11) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/4061100

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第11節G大阪対名古屋:

» 2005年Jリーグディビジョン1第11節 G大阪vs名古屋 [Grampus8]
やれんです。 [続きを読む]

受信: 2005.05.10 21:36

« 感想「むごいサロメ」 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/11) »