« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/30) | トップページ | スワローズ・5月日程 »

J1リーグ第9節浦和対名古屋

2005.5.1(日) 14時 埼玉スタジアム2002 晴
観客 55476人 主審 長田和久 副審 下村、阿部

 浦和レッドダイヤモンズ 3(2-0)0 名古屋グランパスエイト  
              (1-0)

 得点 35分 浦和・田中
    37分 浦和・エメルソン
    64分 浦和・エメルソン
 
 浦和 都築(GK)、闘莉王、坪井、内舘、
    山田(81分平川)、長谷部(77分酒井)、
    鈴木、アレックス(86分岡野)、永井、
    田中、エメルソン
 名古屋 楢崎(GK)、古賀、角田、秋田、
    中谷(41分渡邊)、吉村、山口、本田、
    クライトン、中村(65分須藤)、
    杉本(77分エドアルド)

 退場 60分 名古屋・角田(警告2回)

 警告 浦和 なし
    名古屋 古賀(5)、吉村(2)、山口(3)

見に行ってた。

名古屋の自滅という感じ。
立ち上がりから、試合の流れは浦和にあったと思うが、浦和は組立てやフィニッシュのまずさで決定機を逃し続けていた。一方で、杉本のディフェンス裏への素早い抜け出しに、浦和は充分対応出来ていなかったから、このまま我慢してれば、そのうち杉本が何とかしそう、みたいな期待感もあった。今日の浦和は、各自が自分の役割をきっちりこなし、速くて厳しいプレッシャーもあり、結構いいサッカーをしてたが、スキも見えてはいたと思うので。
そういう目論見をぶち壊しにしたのは、田中に裏を取られて得点を許した、楢崎のゴール前からの不用意な飛出し。ただ、そもそもキックオフ直後から、速いFWに対応出来ないバックライン(特に秋田)のバタバタが目立っており、辛抱たまらず楢崎が飛出したのも、理解出来なくはない。
それでも、失点を1点に抑えていれば、まだ良かったが、浮き足立った名古屋が混乱する所を、エメルソンに突かれて0-2。
さらに劣勢に拍車を掛けるように、後半早い時間に角田が、ファールを取られたことに腹を立て、衝動的にボールを地面に叩き付けて警告を食らい、前半に既に1回警告を受けていたので、これで退場。軽率としか言いようがない。角田って、どうせそういう奴、とはいうものの。
以降、数的劣勢の影響は否めず、その後、さらにエメルソンに決められ0-3。他にも何度も決定機を作られ、きわどいクリアもしつつ、何とか持ちこたえはしたものの、1点も反撃出来ないまま試合終了。

バックラインに問題があったのは確かだが、シーズン前に大森、このところ、増川・ヨンハッと負傷者が続いている状況では、他にメンバーが居なかった。秋田の出来は酷かったが、彼の今の力では、スピードのある相手に対した時に、弱さを露呈するのも間違いなく、あれは彼の限界とも思える。だからと言って、秋田を擁護するつもりもないけど。
ここ数試合、絶好調に見えた直志と慶が、ひどく身体が重そうで、いいプレーが出来ていなかった。お疲れ? 試合間隔は浦和と同じだから、チームとしての言い訳にはならんとしても、この2人に関しては、負荷がハンパでないので同情はしたくなる。ヨンハッが居なくなってバランスを失ったクライトンの暴走に、一番振り回されているのもこの2人だと思うので。
クライトンの暴走は、結果が出てしまうこともあるから、一概に駄目とは思わないけれど、今日の試合に関しては全然ダメ。マルケスのような、ある程度クライトンの意思を汲んで、生かしてやれるプレーヤーが居ないと、百害あって一利なしで、そういう意味では、やっぱり、マルケスの出場停止は痛かったんだな。

名古屋の悪かった所は、かなりはっきりしてると思うけれど、根本的には、度重なる主力選手の離脱がその原因になっている訳で、離脱した選手が戻って来ない限り、対策の取りようがないようにも思える。ここまでネルシーニョが、やりくり采配で何とか持たせて来たが、ついに限界に達したということかも知れない。リーグ戦がインターバルに入るまであと3試合。なんとか踏ん張らないと、せっかくここまで勝ち点を積み上げて来た意味が、なくなってしまいかねないんだが。

|

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/30) | トップページ | スワローズ・5月日程 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/3941892

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第9節浦和対名古屋:

» 2005年Jリーグディビジョン1第9節 浦和vs名古屋 [Grampus8]
僕は、角田が可哀想で仕方無いのです。 今は昔、冴えないサッカー少年だった僕は、 フォークを左手で持つこともおぼつかない右利きの割に、 4バックの左サイドバックをやっていた。 利き足と逆のポジションでプレーするというのは、 ゴール側を向かってプレーする分に問題は..... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 00:48

» グランパスVS浦和レッズ [トヨタファン]
浦和戦のスタメンは予想通り杉本のワントップだったみたいです。 ネルシーニョ監督は中2日しかないため浦和対策の戦術練習を行わなかったと記事に書いてたので、DFが心配だったけど今日万博競技場であったガンバVS神戸の試合を観ていて、ハーフタイムにグランパスの途中経過を観て0−1で負けてたので、最悪でも同点で終わって欲しいと思ってたけど帰りに結果を見たら0−3での負けでした。 家に帰りインターネットを見たら角田が退場に�... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 08:28

» vs浦和レッズ(0-3) BS-iで観戦 [Grampus blog]
ただの負け惜しみにしかとられないだろうが 蹴りたいグランパス様もご自身のblogで仰られていたように フルメンバーなら間違いなく勝てた この日のレッズに対してこれは勝てない。レッズ強いなと思った時は1秒もなかった しかし負けてしまったのは厳選たる事実 しかも3点差、グランパスの総シュート3本というおまけつき レッズ以上にグランパスが酷かった事は間違いない。 グランパスの悪かった点につ�... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 13:17

» 名古屋、浦和に轟沈_| ̄|○ [タイトル未定2]
GW怒涛のサッカー週間の山場、浦和戦を迎えました。 やって来ました。埼玉スタジア [続きを読む]

受信: 2005.05.02 20:13

» 2005J1 第9節 浦和レッズ×名古屋グランパス(埼玉) [気ままなNotes...]
 サッカーJ1第9節浦和レッドダイアモンズ×名古屋グランパスエイトの試合が、今期最高の観客(55,476人)が集まった埼玉スタジアムで行われ、3−0で浦和レッズが快勝した。危惧していた通り、こてんぱんにやられたらしいですねぇ。"負ける"とは思っていましたけど、これだけコテンパンとはね。  シュート数が名古屋3本×浦和20本、ボール支配率が名古屋47%×浦和53%、警告が名古屋イエロー5枚&レッ�... [続きを読む]

受信: 2005.05.02 20:51

» 名古屋グランパスエイト [名古屋グランパスエイトについて]
名古屋グランパスエイトについて 名古屋グランパスエイトについて   ■サッカー事典 ■名古屋グランパスエイト ■サイトマップ ■かんたん相互リンク ■登録型リンク集 ■メール ■日記 Open Directry Project メニュー 名古屋グランパスエイト クラブの概要・歴... [続きを読む]

受信: 2005.05.08 22:47

« イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(4/30) | トップページ | スワローズ・5月日程 »