« ナビスコ杯予選L第6節大宮対神戸 | トップページ | ナビスコ杯予選L第6節清水対名古屋 »

L1リーグ第9節浦和対東京電力

2005.6.12(日) 13時 駒場スタジアム 晴
観客 2321人 主審 唐木田徹 副審 朝倉、森田

 浦和レッドダイヤモンズ 2(2-0)2 東京電力女子サッカー部 
 レディース        (0-2)  マリーゼ

 得点 1分 浦和・若林
    44分 浦和・木原
    52分 東電・早坂
    63分 東電・Own Goal

 浦和 小金丸(GK)、田代、西口、笠井、笠嶋、
    木原、山本、岩倉(83分保坂)、高橋、
    安藤、若林(72分松田)
 東電 増田(GK)、大部、北郷、青木、中村、
    本間、遠原(56分森田)、五十嵐(45分宇野)、
    早坂、佐藤、丸山(77分鈴木)

マリーゼの略称が「東電」でいいのかどうか迷うが、まあ、その辺は…(^^;

開幕戦以来の久々のLリーグ観戦。一番身近なチームだったレイナスがレッズの傘下に入ってどうでも良くなったら、今年は観戦数が激減。もっとも、元々2-3年前まではこんなもんだったんで、元のペースに戻っただけではあるかも知れない。
ただ、この対戦だと気分的には微妙。マリーゼの前身のYKKには、ほとんど思い入れがないし、元レイナスの選手たちには、やっぱりなにがしかの愛着は残っているし。結局、バックスタンドの中央付近、レッズサポの中に紛れて見ていた。そういやあ、ベレーザ戦の時は、Jリーグの時みたいに、ベレーザ・サポを隔離席に押し込んでたという話を聞いてたが、今日はそんなことはなく、マリーゼ・サポ(だか、ファンだか、関係者だか)もバックスタンドに平気で入って、ビジター寄りに陣取っていた。

試合の方は、立ち上がりいきなり、安藤の左サイドの崩しから、ボールを受けた若林が、複数のマリーゼDFに挟撃されながらも持ちこたえ、シュートを放って先制。その後も、ほぼ浦和ペースで進んだ。
浦和は、安藤、木原、岩倉のお馴染みの攻撃陣が好調。これに速くて強いFWの若林が噛み合い、度々好機を作り出していた。去年までのチームだと、高橋彩子がチームの要という感じだったけど、今日はあんまりそういう気配がなく、特定の個人に依存しないバランスの取れたチーム作りを志向してるのかな、と思った。単に、高橋が、いまひとつ不調だっただけかも知れないが。ただ、絶品のプレースキックは健在で、前半終了直前、ペナルティエリア少し手前で得た直接FKは綺麗に枠を捉え、マリーゼGKが辛うじて弾き出すも、そのCKを木原に合わせて、この時点では駄目押しとも見えた、2点目を叩き出した。
マリーゼは、新加入の丸山桂里奈が攻撃の軸になってるのは分ったが、彼女に対するサポートがなさ過ぎで、去年のYKKから大して選手も変ってないし、試合運びが変らないのも仕方ねえのかな、これで何で去年より成績がいいのかな、みたいな前半だった。

後半も序盤はそんな感じだったが、浦和が立ち上がりの好機を物にし損なうと、流れが変る。後半5分過ぎ、丸山が右サイドを崩してペナルティエリアに侵入し、ゴール前の早坂へ通すと、早坂がこれを決めて2-1。後半から、早坂がやや前目の位置取りになってて、それが効いたかなという感じ。この後、浦和は急速に運動量が落ち、中盤でマリーゼがボールを奪う場面が増えて行った。さらにマリーゼが、左サイドに遠原に代えて森田を投入すると、これが効きまくった。浦和の右SBは田代で、元々CBだし、それもあってか、サイドをうまくケア出来ない。森田を経由して前線へボールが出て、これに丸山が絡む。そんな流れから、後半15分過ぎ、浦和ゴール正面でマリーゼの選手(誰だったか見落とした)がシュートを打つと、浦和DFに当ってコースが変り、ゴールに入る。2-2。
その後は、双方決定的なチャンスはあったが物に出来ず。どちらかと言えば優勢だったと思うマリーゼにとって痛かったのは、後半29分頃、森田からの決定的なクロスを、丸山がシュートして小金丸が辛うじて弾き、こぼれ球に再度丸山が詰めた際、交錯して足を痛めて退場してしまったこと。中心を欠いたマリーゼの攻撃はスケールダウンしてしまい、そのままドローの痛み分け。
ちなみに丸山は、かなり長いこと手当てを受けてたが、その後、立ち上がって、走ってみたりもしてたので、大事ではないんじゃないかな。まあ、4位と5位の対戦に相応しい、拮抗した戦いではあったかも。

浦和側の観客は、やたらと人数が多いし、自チームに不利なジャッジの時に審判を口汚く罵る奴らが目立つあたりも、Jリーグの時と一緒やなという感じだったけど、相手チームや試合そのものに対しては、それほどの過剰反応はなく、まあ、いいかなと思った。むしろ、これくらいお客さんが入ってくれれば、選手も励みになるよな、という感じ。
立派なマッチデープログラムが配られてたり、環境は確かに良くなっていた。

それにしても、主審が唐木田さんだったのには驚いた。Lリーグで男の主審を見たのって、久しぶりだな。今年は多いのかな?

|

« ナビスコ杯予選L第6節大宮対神戸 | トップページ | ナビスコ杯予選L第6節清水対名古屋 »

「女子サッカー」カテゴリの記事

コメント

丸山は本当にいい選手だね!しかもルックスもいいし最高だね!丸山のファンサイト教えてもらったんだ。すごく楽しくて丸山の事色々分かるからいいよー

投稿: 唐そば | 2005.07.26 17:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/4526690

この記事へのトラックバック一覧です: L1リーグ第9節浦和対東京電力:

« ナビスコ杯予選L第6節大宮対神戸 | トップページ | ナビスコ杯予選L第6節清水対名古屋 »