« 感想「ニッポン硬貨の謎」 | トップページ | 感想「ジム・トンプスン最強読本」 »

セリーグ ヤクルト対広島(7/27)

2005.7.27 1800 神宮
C 000000104 5
S 010003000 4
敗 石井 勝 横山

後半戦初戦というのに。バッカじゃなかろか。
今年はこんな試合ばかり見てるから、9回表3点リードでも覚悟はしてたが、実際にそういう場面を見せられると、やっぱり堪える。まだ慣れない。
弘寿が自分で走者を溜めて、食らった新井の逆転スリーランで、6回までノーヒットだったガトームソンの好投もパー。記録を意識してか、7回に不安定になっちまったのが惜しまれる。完投出来てれば、もうちっとはマシな結末だったかも。同じ結果だったとしても、ここまで気分は悪くなかったろうしな。
ラミレスの先制ホームランもちょうど入場口に着いた所で、タッチの差で見逃すし、個人的にもとことんツいてなかった観戦。一体いつになったら勝ち試合が見れるやら。

|

« 感想「ニッポン硬貨の謎」 | トップページ | 感想「ジム・トンプスン最強読本」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/5179781

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(7/27):

« 感想「ニッポン硬貨の謎」 | トップページ | 感想「ジム・トンプスン最強読本」 »