« J1リーグ第13節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ第13節浦和対新潟 »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3)

2005.7.3 13:00 ロッテ浦和
S 040010000 5
M 00100034X 8
[敗]山本 [勝]木興 [H]Mパスクチ(本間)

ちょっと時間があったので、今年初めて、ロッテ浦和へ見に行った。なんでも、このカードは昨日、ロッテの加藤投手にパーフェクトをやられてしまったとかいう話で、その辺の興味もあった。
それと、この球場は先日の新聞記事では、もっと観客の便宜がはかれるようにスタンドを作るとか、千葉へ移転する計画もあるとか、いろいろ話が載っていて、今の姿を見れるのは、そう長くはないのかも知れない。スタンドが出来るのはいいとしても、有料になっちまうかな、と思うし、千葉に行かれたら、そう簡単には見れなくなるし、見れるうちに見とこうという気分もある。

別件の用事もあったので、見たのは4回の表まで。ロッテ先発はジョニー黒木。2回にはつるべ打ち状態で4点取ったし、その後もヒットを列ね、4回までで8安打(黒木に対しては、最終的には5回11安打だったらしい)。他人事とはいえ、ロッテの前エースにとって、復帰への道はかなり険しそう。
スワローズ先発は本間。先週、久々に見たと思ったのに、こういうのって続く。ローテーションにはまっちゃうせいなんだろう。以前、坂元ばっかり見た気がする年があったっけ。
本間も、そんなに良かったわけではなく、3回までに被安打4(最終的に6回0/3で被安打7)で、3回にはホームランを喫した。ただ、1回は1死2-3塁、2回は無死満塁まで追い詰められながら、力のある球で後続を断って、失点しなかったあたりは、先週同様の粘りのピッチング。もっとも、そもそもピンチを作らない、という所がクリア出来ないと、1軍は見えて来ないだろうが。
4回裏以降の経過は、スワローズのホームページを参照したもの。本間は7回につかまり、その後は後続が打たれて、逆転負けしたらしい。切り上げたのは、いいタイミングだったかも知れないな。

|

« J1リーグ第13節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ第13節浦和対新潟 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/4817273

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3):

« J1リーグ第13節名古屋対大宮 | トップページ | J1リーグ第13節浦和対新潟 »