« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/5) »

J1リーグ第13節浦和対新潟

2005.7.3(日) 19時 埼玉スタジアム2002 雨
観客 39656人 主審 山西博文 副審 山崎裕彦、抱山公彦

 浦和レッドダイヤモンズ 2(0-1)1 アルビレックス新潟  
              (2-0)

 得点 40分 新潟・エジミウソン
    58分 浦和・山田
    64分 浦和・田中

半分お付き合いで見に行った。名古屋も大宮も絡まないJリーグの試合を見に行くのは、今年初めてかな。双方のチームに対して、気持ちの濃淡はないわけではないけど、基本的には第三者ってことで、気楽に見れたし、いろいろ笑えて、楽しめた。

試合は最初から、圧倒的に浦和ペースなんだけど、浦和はなぜか点が取れない。エメルソンが居ないせいかどうか、妙にキレイに点を取ろうとして、力づくで攻めて来ないんで、立ち上がりから既に崩壊しかかってた新潟の守備陣(4バックの中で、海本慶治が一番ちゃんとして見えるんだものな)でも、時間的な余裕がある分、何とか対応出来てたという感じ。そうこうしてるうちに、浦和につまらないミスが増え始めた。40分、新潟が自陣のゴール前から、カウンターを仕掛けるがパスミス。でもそれを浦和がお返しでパスミスした所を海本幸治郎(干されてたと聞いたんだけど、FW登録で先発してた)がかっぱらって、一気に持ち上がり、浦和ゴール前へクロス。これがまた、ずれたようなボールで、エジミウソンは辛うじて触っただけとも見えたが、それが絶妙なコースで飛んで行き、新潟の先制ゴールになってしまった。
でも、それ以降も新潟の試合運びの拙さは変らない。苦し紛れに場当たりで蹴ってるだけ、みたいなボールが多く、簡単に浦和に奪われて攻め込まれる。何とか止めても、また同じことの繰り返し。こんな試合やってたら、絶対90分もたないって、と思ってたから、後半の序盤に追い付かれたのは、全然意外じゃなかった。浦和については、前半みたいにこねないで、山田が思い切りよくシュートを打って行ったから、同点ゴールは決まった、という感じで(でも、DFに当たってなかったら、入ってなかった?)、ハーフタイムに建て直したんだろうな。
数分後には田中が、右サイドからの長谷部のクロスに飛び込んで押し込み、浦和がリード。でも、そこから後が続かないのが、今の浦和の不調ぶりかも。最後の方では、再び浦和のディフェンスにポカが増え、新潟が形を作る場面もそこそこ生まれたが、決定的な所までは行かず、2-1で終了。
69分には新潟が岡山を投入したので、以後はほとんど、岡山に注目。持ち味は出てた気がする。勢い余ったタックルかまして、警告貰ってた所も含めて(笑)。せっかくだからゴールを決めてくれいとも思ったが、シュート出来るようなチャンスが来なかった。ちなみに、素さんや酒井まで出て来て、名古屋サポ的には、気ぃ使って貰って済まんね、という感じ(笑)。

で、7/17に新潟スタジアムで新潟対名古屋があるわけで、いくらなんでも、この新潟が相手なら名古屋は勝てるだろう、と思ったんだが、そう見えても勝てないのが、いつもの名古屋なんだよな。

|

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/5) »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/4833194

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節浦和対新潟:

« イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(7/3) | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対楽天(7/5) »